スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニウツギの群生する崖は見事でした! テイカカズラの花が面白い!

    10日ほど前、旧額田町の千万町―夏山を通って岡崎にゆく山の中で、突然、道路脇に数10mにわたってピンクの花がたくさん咲いている場所に出会いました。車を停めてよく見たところ、タニウツギの群生でした(下)。タニウツギは落葉低木で、ピンクの花をたくさん付けます。ヤブウツギはこれまで紹介したように濃い赤紫色の花ですが、タニウツギはピンクの色がきれいなのです。

山道にタニウツギ群生し

   枝の下にラッパ状の花が下に向いて咲きます。花の根元が赤い色で、ピンクの花弁の真ん中が赤いので、とてもきれいなのです。

タニウツギの花は

タニウツギの花は1

  花が咲かないと種を判定するのが難しいのですが、タニウツギは、残った実が枯れて下の写真のような形となりますので、それを見ればタニウツギと分かります。道路沿いの崖の数10mにわたってタニウツギが連続するところなんて、ぼくは知りません。自然に生えたとは考えられませんので、だれかが植樹したのではないかと思っています。でも、素晴らしい景色でした。

タニウツギの残った実

  その末端に、キリの花が咲いていました。高木に成長する落葉樹で、大きな葉と、淡い紫色の花がきれいです。昔から、子供がが生まれた時などに記念に植樹し、各地に植えられていますね。昔は、植えたキリから桐たんすを作り、それを嫁入り支度にしたと言います。成長の早い樹木なのですね。

キリの花は

  よく見たら、実がまとまって付いていました。楕円形の先が尖った茶色の実です。望遠レンズが修理中ですので、アップして写せないのが残念です。キリの実なんて、初めて見ます。

キリの残った実

  4日ほど前、岡崎の「健康の森」に行きました。バーベキュー広場の駐車場に車をおいて歩いたのですが、その近くに黄色の花がたくさん咲いていてよく目立ちます。この総合公園のいたるところに同じ花が咲いています。ブタナです。ヨーロッパ原産の帰化植物で、今、全国的にはびこっています。作手にも咲いています。と書いたのですが、間違いでした。訂正します。これはキンケイソウとかいう栽培種の植物でした。ブタナはもっと花も小さく、背も低いです。 

ブタナが群生し

  黄色い花は大きくて、目立ってきれいです。

ブタナの黄色い花

  下は、ソヨゴの若葉に花のつぼみがついています。毛虫も見られますね。

ソヨゴの花序が

  ヤマハゼに華やかな花が咲いていました。すごい大きな花序ですね。写真を撮ったのは、花にチョウが止まっていたからです。そのチョウを図鑑で調べたのですが、名前は分かりません。変わった模様のチョウですね。

ヤマハゼの花にチョウ

  テイカカズラの花が咲いていました。常緑のツル植物です。5枚の白い花弁が面白い形をしています。風車のようですね。

タイカカズラの花は






スポンサーサイト

長命湿地への散歩道、サワフタギ、ムラサキシキブ、ズミの開花!

  数日前、長命湿地への散歩道を歩きましたが、その時に出会った植物たちをご紹介しましょう。
  下は、田んぼのあぜ道に群生していた植物ですが、名前がわかりませんでした。カヤの類に似ているので図鑑で調べたところ、確かではありませんが、ナギナタガヤではないかと思います。あまり見かけない種ですね。


ナギナタガヤだろう

  下は、セトガヤではないかと思います。これはどこでも見られる雑草ですが、これまでどうしても名前がわかりませんでした。今頃、穂の先から花を出します。それが白くてきれいに見えます。

セトガヤでは?

  樹木の方では、サワフタギが花をつけ始めました。下の二枚の写真のように、真っ白の花は綿のようです。

サワフタギの花が咲いた1

サワフタギの花が咲いた2

  下の写真の植物がなんであるのか、分からないのです。対生で卵型の葉で鋸歯が明瞭、若い茎は赤い色をしています。葉の付け根から花序を出し、その先に数個の小さな白い花をつけるのです。見当もつきません。どなたか、教えてください。、

種名は?

  下は、モミの若葉がきれいだったので写しました。カヤと区別しにくいのですが、葉の先端が二股に分かれているのがモミで、カヤは二股に別れることなく針のように一本です。だからカヤは触ると痛いのですね。

モミの若葉が

  サルトリイバラが、下の写真のように実をつけていました。ツル植物で、いたるところに見られます。秋には真っ赤な実になるのですね。。

サルトリイバラの実がなった

  これは前に報告しましたが、コマユミの花です。淡い黄色の小さな花ですが、ずいぶん長く咲いているのですね。

コマユミの花が2

  ヤブデマリは、花のシーズンが終わり、もう実をつけていました。秋には真赤な実がついて、美しいのです。早くそれが見たい思いです。

ヤブデマリに実がついた

  ズミが咲いていました。始めはズミと分からなかったのですが、葉の形と花の色や形から判断しました。間違っているかもしれません。花の数が多いので、とてもきれいです。望遠レンズを修理に出していますので、アップして撮れないのが残念です。

ズミではないか

  下は、モチツツジです。ミツバツツジ、コバノミツバツツジも終わり、ヤマツツジも終わりましたが、モチツツジはまだ咲いています。花の期間が長いのですね。とてもきれいです。

モチツツジがきれいに

  今が開花のシーズンなのでしょうか、ムラサキシキブの白い花が咲き始めました。素敵ですね。

ムラサキシキブに花が





わが庭の植物たちの近況を! オダマキ、ブルーベリー、シランがきれい!

   草刈のシーズンがやってきました。連休あけになると、気温が上昇して一斉に雑草が生えてきます。庭はたちまち草だらけ、見苦しいので草を刈ったのですが、仮払い機がうまく作動せず、困って農協に機械修理をお願いしてようやく刈ることができました。
  しかし、裏山は手つかずで草ぼうぼうになっていました。月曜日は一日中、裏山の草刈りをしました。下の写真のように、まだ残した部分もありますが、とてもさっぱりときれいになりました。今回は、山に放置されていた腐った竹や木を、シルバーさんに頼んで取り除いていただきましたので、草刈も楽でした。機械を使っても、意外と体力がいるのです。一日に3時間もやると、腰が痛くなります。しばらくは腰痛に悩まされるでしょう。


草を刈った裏山

  裏山は孟宗竹が生えていますので、毎年たくさんのタケノコが取れるのです。音が欲が深いので、毎年ずっと採り続けていたので(取れるものはほとんど全て取り尽くしました)、今年はタケノコの生え具合がずっと少なくなってしまったのです。そこで、今年はタケノコを取る数をずっと少なくしました。それでも、十分に美味しくいただきました。
  放置していたら、孟宗竹は生えてこないのですが、代わりにマダケがたくさん生えてきました。そこで、それを採って食べています。マダケは、タケノコよりも後に生えてきて、今がシーズンです。草刈りのついでに、下の写真のようにまだ小さいマダケを収穫してきました。これまではタケノコしか食べなかったのですが、今年はマダケを初めて食べました。これも、とても美味しいです。
  これまでぼくは、マダケのタケノコをハチクとばかり思っていました。ハチクとマダケとは違う種なのですね。ネットで調べて分かりました。ハチクは、皮が白っぽいのだそうです。



ハチクの収穫が


  さて、わが庭の裏の方に、オダマキが美しい紫色の花をつけました。とてもきれいです。どんな植物なのかと思い、図鑑で調べてびっくりしました。図鑑のオダマキが載っていないのです。ヤマオダマキミヤマオダマキは載っているのですが、・・・・。野生ではオダマキという植物は生息しない、つまり栽培種ではないかと思ったわけです。そういえば、昔友達がいろいろの草花をくださって植えていかれました。そのひとつがこれなのでしょう。ヤマオダマキは淡い黄色、ミヤマオダマキは薄い青紫色の花を付けます。そのミヤマオダマキから栽培種を作ったものと考えられます。

オダマキがきれいだ

  オダマキは根生葉が下の写真のようで、3出複葉の丸い葉です。

オダマキの葉が

  庭のシランが、今、満開です。美しい花ですね。

庭のシランが

  庭に植えた他の植物たちはみな若葉をでして茂っていますが、アカメガシワとネムノキだけが若葉を出していなかったのです。それがようやく出始めました。ネムノキは出たばかりで写真が撮れませんので、アカメガシワだけを写しました。若葉が赤いのが特徴ですね。ボクの好きな樹木です。

アカメガシワに若葉が

  水路沿いに植えたブルーベリーに花がつきました。きれいな花なのですので、それを写しました。釣鐘型で下をむいて垂れ下がっている姿は、見事な美しさですね。花の根元の赤いものもきれいです。

ブルーベリーの花が咲いた

  作手の植物に詳しいOさんは、絶滅危惧種のカザグルマを植えて育てた鉢をプレゼントしてくださいました。それが咲きだしたのです。湿地や水っぽいところに咲く花ですので、毎日のように底の鉢に水をやってきました。鉢植えのカザグルマなんて、見たこともありません。うれしいですね。水路沿いに毎年生えているカザグルマは、まだ咲きませんが、今年も期待しましょう。

頂いたカザグルマの鉢

     下は、玄関前に生えているアカネです。ツル性の草本で、4枚の葉柄の長い三角形の葉が輪生し、茎には下向きの刺があり、他の植物にひっかって上に伸びていくのだそうです。茎の断面が四角なのも面白いです。昔から根から抽出した成分が、アカネ色の染色に使われてきたとのことで、貴重なものだそうです。水路沿いに生えていたことは知っているのですが、今回は玄関先で見つけました。どんな花をつけるのでしょうか。面白い形の植物ですね。

アカネが庭に




岡崎の東、蓬生町を散歩、ヒメシャラ、イワガサの花を見ました!

  本当に久しぶりに、岡崎の東の方の山の中にある蓬生町を訪ねました。昔、時々、市民運動の仲間と農業体験のためにハイキングをしたことがあったところです。そこには、石材でフクロウの置物を作るUさんの工房(オウル工房)があります。
  その村への入口に、下のような古い道標がありました。「右、本宮山・桜井寺、左、三河富士入口」とあります。本宮山も桜井寺も知っていますが、三河富士というのは知りません。この先に富士山が見える場所があるのでしょうか、あるいは富士山型の山でもあるのでしょうか?


蓬生町の石碑

  Uさんのオウル工房の前を通ったら、偶然Uさんにお会いできました。もう10年以上お会いしていなかったでしょうか。ひとしきり懐かしい話をしました。彼の作品が所狭しと並んでいるのですが、そのひとつが下の写真の彫刻です。素朴な味わいがいいですね。

オウルの作品

  家のすぐ上が田んぼが広がっているのですが、ほとんど工作されておらず、休耕田になっているところの一部を、今年開墾したと言っていました。それが下の写真に写っている田んぼです。のどかな山里であることがわかりますね。

Uさんの開いた田んぼ

  集落の川沿いに、下の写真のようなきれいな花が咲いていました。図鑑で調べたところ、ヒメシャラの花であることが分かりました。作手で樹木は見たことがあるのですが、花を見たのは初めてです。きれいですね。

ヒメシャラの花が

  道端に、下の写真のような花が咲いていました。カキドウシです。雑草ですが、きれいな花ですね。ボクが知っているカキドウシは、こんなに花がまとまっていないで散りじりに咲いている感じだったので、別の花かと思いました。

カキドオシの花は

  こんな花も咲いていました。まるでコデマリのような白い花です。ところが葉が明らかにちがいます。細長いヘラ状で、先が丸い葉です。コデマリは葉が三裂します。図鑑で調べたところ、イワガサと言うそうです。山地や海岸の岩場に生えている低木で、花序が笠のような形をしているところからその名がついてそうです。そこは民家の植え込みに咲いていましたので、きれいなので観賞用に植えたものでしょう。

イワガサを初めて見た

  これも雑草ですが、トウバナです。塔のようなずん胴の穂に薄紫の小さな花がポチポチと付くのです。可愛いのです。

トウバナが咲いていた

  下は、ツタですね。ツル植物であることは知っていました。しかし、植物に絡まっているのはたくさん見るのですが、岩場に張り付いているのは見たことが無かったので写しました。どの植物でもそうなのですが、葉の形が素晴らしいですね。実に調和に満ちています。自然はこんな美しいデザインを作り出すのですね。

ツタが岩の上を

  その岩場に、こんな植物が張り付いていました。見たこともない植物です。1cmくらいの分厚くて光沢がある丸い葉がびっしりと付いているのです。とてもきれいです。種はわかりません。どなたかお分かりでしたら教えてください。、

初めて見る丸い葉の

  テイカカズラの花が咲いていました。5枚の花弁の白い花が、まるで白い手裏剣のようです。

テイカカズラがあった

  先回、作手の農協近くを歩いている時に見たツクバネウツギが、ここにも咲いていました。一度見ると忘れられない美しい形をしています。

ツクバネウツギがここにも

ツクバネウツギはきれい






コメツブツメクサ、ミヤマナルコユリなんて知らなかった!!

  一昨日は、農協の周辺を散歩しました。
  最近、田んぼの畦に黄色い小さな花が群生しているのをしばしば見るのです。下の写真がそれですが、葉が小さくてよく分かりません。図鑑で調べたところ、コメツブツメクサと分かりました。ぼくは初めて見る植物です。写真には、一つだけニワゼキショウが写っています。


コメツブツメクサが群生し

  ある農家の庭先の植え込みに、ミツバアケビが生えていました。ツル植物で、三枚の葉がセットになっています。それほど珍しい植物ではありませんが、葉をしげしげと眺めたことはありませんでした。葉の縁が丸く波打っているのですが、こういうのを鋸歯と言ってよいのでしょうか。

ミツバアケビの葉を

  同じところに生えていたのが、下のベニドウダンです。ドウダンツツジはいろいろの種類がありますが、ベニドウダンは赤い丸い花が葉の下に垂れ下がるようについて、とてもきれいです。

ベニドウダンの赤い花

  畦を見たら、コウゾリナが群生していました。今、どこでも咲いている雑草です。最近識別できるようになって、目につくようになりました。

コウゾリナが群生して

コウゾリナの黄色い花

  近くの向山湿地に行ってみました。環境省の指定した湿原です。いろいろ多種類の湿原植物が生息する貴重な湿原です。しかし、最近はだいぶ荒れてきて、種類は減ってきたと言われています。この時は、ハルリンドウが咲いていました。最近、ぼくの持っている望遠レンズが故障してしまって修理に出しており、拡大して写せないのです。小さくしか写っていませんが、とてもきれいですね。
  ネットで調べてみたら、ハルリンドウは日中には花が開き、夕方には閉じるそうです。湿地に夕方や夜来ることはないので、閉じたところを見たことはありません。、

向山湿地のハルリンドウ

  ミカワバイケイソウがこの湿原の貴重種ですが、花はまだちょっと早かったようです。下の写真では、わずかにつぼみが顔を出しています。白い花が咲くのはもうじきですね。その時のもう一度来てみましょう。氷期に低地に降りたコバイケイソウが、その後の温暖化に適応して進化した植物だと言われています。また、酸性の強い湿地にしか生息しない、というのも珍しいですね。

ミカワバイケイソウの大きな葉

  今は、どこにいってもスイバが見られます。噛むとすっぱい味がするのでその名がついてと言います。シュウ酸を含むからだそうです。ぼくも噛んでみたことがありますが、酸っぱいでした。若い葉は食用にしたそうです。むかし、天ぷらにして食べたことがあります。美味しかったですよ。この付近では最も普遍的な個体数の多い雑草ですが、真っ赤なスイバがありました。スイバは雌雄異株で、赤いのは雌花だそうです。その色の美しさに驚いています。

スイバの雄花が

  下は、ミヤマナルコユリというのだそうです。葉の形がナルコユリに似ているので、図鑑を見ているうちにミヤマナルコユリと分かりました。今まで全く知りませんでした。同定できてうれしいです。

ミヤマナルコユリでは






Hyさんの花園は素晴しい! カタバミは睡眠をするのですね! ツクバネウツギを初めて見ました!

    二三日前、Hさんから電話があり、長命湿地の地主さんの花園が満開でとても綺麗ですよ、と連絡を頂きました。すぐに出かけて見たら、本当にそうでした。地主さんにHyさんは、自分の持っている山を庭園にしたいと、池を作ったり、山道を整備したりしています。すごいと思うのは、道を作ってはすぐに草花を植えるのです。なぜかというと、きれいな花園にしたいということもあるのですが、そのままだと大雨で造った道の路肩が流されてしまうのを防ぐためでもあるのです。ところどころに広場を設け、いろいろの草花を植えています。今はそれが満開の季節で、お声がかかったというわけです。
  下に何枚かは、入口付近の花壇の草花の写真を撮りました。きれいですね。名も知らない花なのですが、・・・・。


花園の花1

  下は、ミヤコワスレですね。


花園の花2

  下は、シバザクラではないかと思います。

花園の花3

  全体を見ると、下のようになります。見事な庭園ですね。

花園の花4

  道路脇には、主としてミヤコワスレが植えられています。なぜかというと、ミヤコワスレは根を深く張るので、土が流されにくいのだそうです。だから道路脇や法面に密に植えられています。道路の両側にいろとりどりのミヤコワスレが咲いているのは壮観です。

花園の花5


  さて、開成地区への散歩道で目に付いた植物たちを紹介しましょう。
  下は、カタバミです。どこにも見られる黄色い花とハート型の葉をもつ雑草ですが、この写真を写したのはなぜだと思いますか? これも図鑑の説明で初めて知ったのですが。カタバミは日中は花も葉も開、日が陰ると閉じる、という睡眠運動をするのだそうです。写真を写した日は今にも雨が降り出しそうな天気でしたので日の光が少なかったのでしょう、花がしぼんでいるのです。そんなことは知りませんでしたので、びっくりしたというわけです。

眠るカタバミ

  カタバミは黄色い花ですが、淡い紫色の花もあるのですね。ムラサキカタバミと言います。下の写真がそれです。とてもきれいです。

ムラサキカタバミはきれい

  ガマズミやコバノガマズミはこれまでに何度の紹介していますが、ミヤマガマズミはなかなか見られません。葉の特徴が違いますので、それを明確にするために写しました。葉の大きさと概形はガマズミと同じですが、葉の先端が飛び出していること、鋸歯が鋭いことなどがちがいます。

ミヤマガマズミの特徴ある葉

  巴川の対岸に、フジの花が大きく長く垂れ下がっていました。今が満開のようで、各地に咲いています。きれいです。これも図鑑の説明で知ったのですが、フジ類はツル植物ですが、フジは左巻き、ヤマフジは右巻きなのだそうです。山で確かめたのですが、みんな左巻きでした。ヤマフジは珍しいのかもしれません。ぼくは白い色のヤマフジを見たことはありますが、右巻きかは確かめたことはありません。

いっぱいに垂れるフジ

  別の日に、農協の近くを散歩していたら、草花を大事の育てているお宅があって、その庭にシャガが咲いていました。甘泉寺の境内にたくさん咲いているのですが、行った時が雨でうまく移せませんでした。今回が初めて写真をアップします。きれいなはなですが、ピントが甘かったようで、その美しさが伝わりません。ごめんなさい。古代に中国から伝わった植物、と図鑑に書いてありました。

シャガを初めて見た

  また、その付近に見たことのない植物の花が咲いていました。図鑑を調べているうちに、偶然、同じものを見つけました。ツクバネウツギという落葉低木だそうです。なるほど、ラッパ状の花は、ウツギ属の特徴ですね。花の根元に見える萼のようなものは、実になるものなのだそうです。新しく種を同定できて、うれしいです。

ツクバネウツギを初めて





岡崎自然体験の森で、ヤマハゼ、ヤマボウシ、カラスノエンドウなどを見ました!

  日曜日には、岡崎の「自然体験の森」に日曜日に行きましたが、その自然を紹介することにします。
  下の写真は、ヤマハゼに実が付いているところを写したものです。羽状複葉の葉で、高木になる樹木です。たくさんの黄色い花目がついているのが目につきました。


ヤマハゼに実がついた

  すごい数の花です。葉の根元に花がつくのですね。

ヤマハゼに実がついた2

  ダイコンソウも生えていました。丸いイガイガの球が面白いですね。黄色い花が咲くのです。

ダイコンソウがあった

  雑草の代名詞のようなオオバコ(下の写真)も、たくさん生えていました。

オオバコがあった

  カラスノエンドウも雑草の一つでどこにも見られるものですが、赤い花が印象的です。しかし、驚いたのは、実が入るサヤが真っ黒になっているのです。「カラス」というのは、黒い色の代名詞だったのですね。それは知りませんでした。

カラスノエンドウの黒い実が

  下のような植物が低木として茂っていました。羽状複葉の丸い葉で、トラノオのような黒いものが付いています。それは花なのでしょうね。下の方にオレンジ色の花のようなものが付いています。ぼくは初めて見る植物で、種の見当もつきません。どなたか教えてください。

これは分かりません?

  作手ではコバノガマズミの花が咲いていますが、岡崎のここでは花は既に終わり、もう実が付いているのです。それに驚きました。標高差に伴う気候の差がそうさせるのでしょう。

コバノガマズミの実が

      もうヤマボウシが咲いていました。ヤマボウシはミズキの仲間なのですね。花は四枚の白い花弁とその真ん中の緑の玉が面白いですね。秋には大きな赤い実をつけます。綺麗なので、街路樹や公園の植木に使われることもあります。

ヤマボウシの白い花が

  タラノキの芽(タラノメ)を食べるシーズンは終わりましたが、羽状複葉の対になる葉の付根に、鋭いトゲがあるのに気づきました。そういえば、幹にもたくさんの刺があってうっかり触ると痛い思いをした経験がありました。葉の付根にトゲがあるなんて知りませんでした。

タラノキの刺が

  作手ではまだですが、ここではヘビイチゴが赤い実をつけていました。食べてみたら甘さがなくて、お世辞にも美味しいとは言えませんでした。

ヘビイチゴに赤い実が

  下は、ヤマグワではないかと思います。卵型の均一な葉の形ではなく、とても複雑でいろいろの形をした大きなはが特徴で、下の写真にはわずかに花が咲いているのですが、ほとんど見えませんね。秋になる実はとても美味しいそうです。

ヤマグワは初めて




オトコヨウゾメ、オトシブミ、ゴウソなど新しく知りました!

   長命湿地への散歩道の続きの話をしましょう。
  オトコヨウゾメという落葉低木の花を初めて見ました。葉がガマズミに似ていて花には装飾花がないことから、ガマズミ属の植物を図鑑から調べてみました。そうしたら、ガマズミ属の最後にオトコヨウゾメが出ていました。それによれば、他のガマズミと比べて花が葉の上にまとまって咲くのではなく、横あるいは下を向いてまとまらずに散りじりに咲くとありました。まさにそのとおりでした。秋には真っ赤に実をつけるのですが、他のガマズミ類よりも数が少ないということです。

オトコヨウゾメを初めて

オトコヨウゾメの花が

  下は、オトシブミを写したものです。ゾウムシのような昆虫は、特定の樹種の葉に卵を産みつけ、それを丸めておく性質があります。羽化した幼虫はその葉を食べて成長するのだそうです。そのような習性を持つ昆虫は、20種類以上あるそうです。この写真の場合は、コナラの葉が丸まっていました。昔、密かに伝達したいことがあると書いた手紙を丸めて落としておく習慣があり、それを「落し文」と言いました。これは、それに似ているので、このように名付けられたと言います。面白いですね。

オトシブミがあった

  下は、サワウタギにつぼみがついたところを写したものです。落葉低木で、湿ったところを好むようです。白いツブツブがつぼみですが、それが開花すると、まるで綿のような毛っぽい花が咲くのです。花は塊状にまとまっていますので、咲くと真っ白の雪のように輝くのです。秋には、ブルーの実がたくさん付きますが、その色がとてもきれいで、ボクは大好きな植物です。

サワフタギのつぼみが

  ムラサキシキブに花が咲き始めました。優雅な形をした葉の上に、薄紫色の花がまとまって付きますが、秋には明るい紫色の美しい実をつけます。それがきれいなのです。これも落葉低木で、湿った場所に生えていることが多いですね。

ムラサキシキブにつぼみが

  下は、ノゲシを写したものです。最近、区別ができるようになったのですが、分かってみるといたるところに分布していることが分かります。まさに雑草ですね。葉に特徴があり、羽状に切れ込む独特の葉ですので、見ればわかります。そのうちでも鋸歯などぎついほど明瞭なものは、オニノゲシといい、これもいたるところに生育しています。

ノゲシが分かってきた

  長命湿地の南の出口付近に、タカノツメの幼樹が生えていました。三枚セットの葉(3出羽状複葉)と長い葉柄が特徴ですね。出たばかりの葉は、写真のように弱々しいので、まさに葉の赤ちゃんという感じがします。

タカノツメの幼樹が

  湿地の南側を流れる小さな流れに沿って、ゴウソが生えていました。この湿地ではオニスゲがたくさん生えているのですが、小穂の形が似ていたので、スゲ属を図鑑で調べたら、これが載っていました。ぼくには、初めて聞く名前です。

ゴウソの株が

ゴウソの穂は

  下は、湿地の横を通る市道沿いのところに生えていた黄色い花です。花の花弁の先端が直角に切れている点がニガナに似ているのでニガナ属を調べたら、オオシジバリととてもよく似ているのです。シジバリとの違いが正確にはわかりませんので、断定は避けますが、おそらくオオシジバリで良いと思います。葉が細長く、20cmくらいの赤い茎の先端に花を付けます。

オオシジバリではないか

  フタリシズカが生えていました。葉の真ん中から二本の白いものが突き出していますが、それに付いた米粒のようなものが花です。作手ではあまり見かけたことがない種です。

フタリシズカに






ウスバシロチョウ、ミヤマカラスアゲハの美しさに感動!

  長命湿地に行く散歩道は、いろいろの植物を見ることができて楽しいのです。今は、ヤブデマリが満開です。大きく手のひらを広げるような枝の葉の上に、真っ白の花が付きます。装飾花が真っ白でよく目立つのです。

掌状に咲くヤブデマリ

  アジサイやヤブデマリは、装飾花と言って花の周囲に花ではない花を付けるのです。下の写真で言えば、白い花のようなものが装飾花で、本当に花は真ん中のツブツブです。まだつぼみの段階ですが、咲くと白い花になります。秋には真っ赤な身になって、それはきれいなのですね。

ヤブデマリの花がきれいで

横から見たヤブデマリ

  植物は季節によってその姿を変えます。下の写真のように、ネジキは春先の若葉はピンク色になってきれいなのです。もう少し経つと葉は緑になります。

ネジキの若葉がきれい

  ネジキの若い枝もきれいです。真っ赤ののです。

ネジキの幹の赤がきれい

  今、ハルジオンがどこにでも咲いていて、草地が真っ白になりました。似たような雑草にヒメジョンがありますが、それは夏から秋に咲きます。

今はハルジオンが満開

  花に蜜があるのか、たくさんの昆虫が集まってきます。下は、ウスバシロチョウが止まったところを写しました。本当に、美しい蝶ですね。

ハルジオンに止まるウスバシロチョウ1

ハルジオンに止まるウスバシロチョウ2

  また今、ヤマツツジが満開で、いたるところに咲いています。その花がきれいなので写真を写していたら、偶然ミヤマカラスアゲハがやってきて蜜を吸おうとしたのです。夢中でシャッターを切りました。めったにお目にかかれない美しい蝶だからです。神様が造った造形の素晴らしさに、感激でした!

ヤマツツジに止まるミヤmカラスアゲハ

  さて、しばらく前のブログでは、イチゴ類をたくさんご紹介しました。その中にたくさんあったのが白い花を付けるニガイチゴでしたが、花の季節は終わり、そこに白いみが付き始めたのです。これが赤いイチゴになるのですね。そんな姿の変化に驚いています。、

ニガイチゴが実になる?








ムラサキエンレイソウ、ゼニゴケ、オトコヨウゾメなど珍しい植物を見ました!

  今は、新しく咲く花が次々と現れ、自然の変化を追うだけで忙しいのです。そして、今まで見たこともない、名前すら知らない植物の名前を調べることが毎日の日課になりました。その中から、いくつか目についた植物を取り上げてみたいと思います。
  下は、
ムラサキエンレイソウです。確か面の木園地で見たと思います。珍しい植物で、僕は初めて観ます。三枚の大きな葉と、三枚の花弁の花というのも珍しいですね。

ムラサキエンレイソウがきれい

  下は、スズランです。大きな葉と、釣鐘型の小さな白い花は有名ですね。

スズランがあった

  下の植物は、甘泉寺の奥の林道を歩いている時に目に付いた地衣類です。ばくは地衣類の図鑑を持っていませんので確かめられないのですが、友人から聞いていたゼニゴケではないかと思います。林道に敷き詰められたように広がっていました。

ゼニゴケは1

  下の植物は、色こそ違え、基本的には同じ種と見て良いとおもいます。

ゼニゴケは2

  それが、下の写真のように、林道に敷き詰められたように広がっていました。人工林の中の林道ですので、暗くて光が届きにくいのでこの種の群生となったのだと思います。

ゼニゴケ街道だ

  その林道の一部に、下の写真のような変わった植物が群生していました。コバンソウです。アップしてみると、なるほど小判のような形をしていますね。

コバンソウがいっぱい

コバンソウが面白い

  道を歩いていると、上の方からツルに捕まって直径7~8cmくらいありそうな丸い球がぶら下がっていました。こんなに大きい玉状の実がなるツル植物といえば、キカラスウリしか知りません。キカラスウリだとすれば黄色い色をしているのですが、おそらく実がなってから時間が経っているため、表面の色が変色してしまったのでしょう。

キカラスウリだろう

  さて、下の写真の植物は、なかなか同定できませんでしたが、何度も図鑑を繰っているうちにコマユミと分かりました。長命湿地への散歩道で見つけました。ニシキギの翼がないものを、コマユミというのだそうです。若い枝は緑色で、秋には葉が鮮やかに紅葉し、マユミのような赤い実が垂れ下がってとてもきれいなのだそうです。一度見たいです。

コマユミの花が

  下は道端に咲いていた黄色い花ですが、同定が難しかったのです。写真では葉の色や形が分かりにくかったからですが、ノゲシと見て良いと思います。ありふれた雑草ですが、雑草ほど同定が難しいのですね。

ノゲシがあった




長命湿地のレンゲツツジは美しい! 文珠山のホソバシャクナゲは!

  長命湿地はしばらく手を入れていないうちに、昨年施設した木道が壊れたり、湿地の中に埋もれたりして歩きにくくなりました。そこで、それを修復すべく、材木を調達して組立て、防腐剤を塗ったりして準備をしていたのですが、ようやくそれが整って、下の写真のようなノジ板で作ったスノコを渡しました。
  湿地ですので沼地はズブズブなので、そのまま敷いたらすぐに沈んでしまうだろうと、GSステーションからもらってきた廃タイヤを下に敷いて、スノコを渡したのです。ところが、やはりタイヤは柔らかいので、スノコを上に乗せても柔らかくてグラグラ動きとても歩きにくいのです。これはどうも、失敗したようです。やはりそのままスノコを敷いたほうが良いようです。でも、とても歩きやすくなりました。


長命湿地にスノコの木道を

  この季節、レンゲツツジが満開になり、とても綺麗なのです。毎年5月はそれを楽しみにしているのですが、今年も見事です。ここのレンゲツツジは、他の作手の湿地には見れれないほど、個体数も多いですし、色も鮮やかなのです。下のいくつかの写真を楽しんでください。

見事なレンゲツツジが

レンゲツツジが素晴しい

レンゲツツジの赤

  下は、レンゲツツジとフジヤブデマリが一枚の写真に収まりました。フジは見にくいですが、・・・・。

レンゲツツジとフジが

  ガマズミが、下の写真のようにつぼみをつけていました。真っ白い花を咲かせるのは間近ですね。

ガマズミのつぼみが

  お隣の庭の植え込みに植えられているコデマリが満開になりました。小さな鞠のような白い花がきれいです。葉がこんな形であることも知りませんでした。

コデマリが美しい

  数日前、文珠山に行きました。そこのホソバシャクナゲがそろそろ花が咲いているのではないかと思ったからです。予想通り、ホソバシャクナゲの美しい花が満開でした。感激でした!!

ホソバシャクヤクの花は1

ホソバシャクヤクの花は2

  その近くで、コバノガマズミの花を見ました。下の2枚の写真は、これが同じ花を写したとは思えないほど、姿がい違うのです。上から見るのと下から見るのとの違いかもしれません。美しいですね。

コバノガマズミの花は1

コバノガマズミの花は2






面の木湿地の花はまだでしたが、新緑がきれいでした!

  月曜日に、久しぶりに面の木園地に行ってみました。もうそろそろ面の木湿地や原生林の新緑が始まるのではないか、と思ったからです。昨年の11月以降は行っていませんから、久しぶりだったのです。
  面の木園地の駐車場に、赤い葉の大きな樹木が生えていました。よく見たら、ハナノキだったのです。花の木は東海地方だけにしか生息しない地域固有種(東海要素植物群の一つ)です。自生地はごく限られたところしかありません。ここもそうですが、植えられたものです。花も赤いければ、若葉も赤いのですから変わった樹木ですね。わかばの季節が終わると葉は緑になります。この季節に来たことがなかったので、この木の存在に気付かなかったのです。


面の木園地のハナノキ

  ここの駐車場の植え込みには、黄色い花のサツキが植えられているのです(下の写真)。ここは県の公園ですので、いろいろの園芸種が植えられるのですね。

黄色のサツキのつぼみが

  湿地の方に降りていこうとしたら、何とヤマザクラがまだ咲いていたのです! もうとっくにサクラの季節は終わったと思っていたのですが、ここでは山桜の季節だったのに驚かされたのです。ここは標高1100mありますので、季節はまだ早春なのですね。

まだヤマザクラが咲いていた

  森の中に入ると、新緑がまばゆいばかりでした。若葉の緑がいっぱいで、とてもきれいでした。

園地は新緑真っ只中

  ここは、カエデ類が種類が多いので、カエデ類をもっとよく知りたいと思ったことも、ここに来た理由です。下の写真は、カエデの幼樹の葉を写したものです。おそらくホソエカエデはないかと思うのですが、確かではありません。カエデ類は種類が多くて同定が難しいのです。下に隠れているものは、葉の形からヒナウチワカエデではないかと思います。

ホソエカエデだろうか?

  湿地にはレンゲツツジがたくさん生えているのですが、下の写真のようにまだつぼみです。作手の長命湿地では満開なのですが、・・・・。

レンゲツツジのつぼみが

  ミズバショウが見れるとは思いませんでした。数は少ないですが、この湿地に生えていることは知っていたのですが、見たのは初めてです。

ミズバショウが咲き始め

  湿地の花はまだでしたので、上の面の木峠に行き、原生林の中に入ってみました。面の木峠の風景は素晴らしいのです。その写真が下です。山頂は天狗棚と言いますが、その周辺はブナやカエデ類などからなる原生林が広がります。美しい森です。下の草原は、いろいろの種類の草花が咲き、季節ごとに花を楽しむことができます。

面の木峠の風景

  原生林の入口付近に、バイケイソウの群落があります。林床に一面、大な葉を伸ばしていました。背が高く夏に花が咲くのですが、白い花が満開の時に来たことがあります。これだけたくさんの株があると見事です。

バイケイソウの葉が

バイケイソウの葉をアップ

  カエデ類はたくさんありましたが、分かったのは下の写真のハウチワカエデくらいでした。太い左側の白い木肌がハウチワカエデですが、根元から若い葉が出ていました。手のひら型で7~9裂する葉は、実に美しい形をしています。

ハウチワカエデだろう

  上を見上げると、緑の葉が重なって、とてもきれいです。

下から見たハウチワカエデ

  この原生林には、ブナの巨木がたくさんあります。下は、ブナの若葉と幹の木肌を写したものです。ブナの葉などありふれていてじっくり見ることは無かったのですが、意外と柔らかくて、葉の縁に鋸歯があって波打っているのですね。木肌が白っぽくて、大な斑点があるようです。

ブナの若葉と木肌





ヒメコウゾの実がきれい! ムラサキシキブとヤブムラサキの違いは?

     菅守小学校への散歩道で目をひいた植物をご紹介しましょう。
  最近、しばしば見かけるのが、下の写真のヤブウツギです。濃い赤紫色のラッパ状の花がきれいです。花弁の中から黄色い雄しべが見えるのも面白いですね。


ヤブウツギの花とつぼみ

  一週間ほど前、菅守小学校のそばで、高木に成長したウワミズザクラに白い花がいっぱい付いているのを見ました(下の写真)。すごい数です。一つの花の房に数十の花が浮きますので、うまく受粉すればものすごい数のサクランボができるはずです。その季節になるとたくさんの小鳥がやってくるのは当然なのですね。

小学校南のウワミズザクラ

  道端に、羽状複葉の丸い葉がきれいなマツカゼソウがあるのに気づきました。夏に小さな白い花をつけるのですが、葉の形が面白いですね。自然の造形は素晴らしいです。

マツカゼソウの丸い葉が

  下の写真は、ヤエムグラではないかと思います。これも、最近知った植物です。

ヤエムグラではないか

  ヒメコウゾに実が生っていました。1cm足らずの丸い実に、放射状に赤い針のようなものが飛び出ている姿が面白いですね。うちの裏山にも生えている植物ですので知っていたのです。

ヒメコウゾの実が

  ムラサキシキブとヤブムラサキはとても良く似た植物で、見分けにくいのです。葉の形も、咲く花も、付く実も、ほとんど同じです。近くにそれらの若葉が出ていましたので比べてみましょう。下はヤブムラサキの若葉です。葉や小枝に毛がいっぱい付いていて、触るとふわふわとした手触りなのです。

ヤブムラサキの毛っぽい葉

  それに対して、下の写真はムラサキシキブですが、その葉は毛がありません。さらっとした手触りです。触ってみることも大事なのですね。

ムラサキシキブの薄い葉

  コバノガマズが咲いていました。白い花がきれいです。

ミヤマガマズミの白い花が

  下は、アカシデの若葉です。小さな葉がたくさんついて、若葉はとてもきれいです。高木に成長する樹木で、その木肌も美しいですね。葉の付け根に赤いものが見えますが、それは何でしょうか。

アカシデの紅い葉は







無数のヒキガエルのオタマジャクシが! カワトンボが美しい!

  数日前、長ノ山湿原への散歩道で出会った生き物たちを紹介しましょう。
  今、道端や田んぼのあぜにスイバがいっぱいです。無数と言っても良いほどたくさん生えています。その中で、下の写真のように花が真っ赤なものがあったのです。とても綺麗なので写しました。


スイバの赤い花が

  ニガナが花を開き始めました。5枚の黄色い花弁が可愛いですね。雄しべが飛び出しているのも面白いです。ありふれた雑草ですが、よく見ると美しいですね。

ニガナが咲いた

  これもありふれた雑草ですが、クサノオウの黄色い花がきれいです。

クサノオウの黄色い花が

  前に、側溝の中にヒキガエルの卵塊を発見し、それが孵ってオタマジャクシになったことをお話しましたが、そのオタマジャクシが活発に動き始めたのです。その数の多いこと! 無数と言ってよいほどの数です。彼らは、写真のように体を寄せ合って動いているのです。なぜ分散して生きようとしないのでしょうか。面白い習性ですね。かれらが成長して陸に上がる日はいつなのでしょうか、それを見届けたいものです。

ヒキガエルのオタマジャクシは1

ヒキガエルのオタマジャクシ2

  彼らが生きている場所は、地下水が滲み出しているところで、いつも新鮮なきれいな水が溢れています。そこで、トンボが生息するというわけです。今、元気に飛んでいるのは、カワトンボとアオイトトンボです。カワトンボは、下の写真のように美しい羽を持っているのですね。見とれてしまいます。神様が造った造形の素晴らしさです。

カワトンボの赤い羽根は

  ウリカエデに実がつきました。黄色い花が下にたれていたのですが、もう実になっているのです。それがブーメランの形をしていて、夏になると風に舞って散布されるわけです。

ウリカエデのブーメランが

  山に入るとヤマウルシに気を付けよ! と言われますが、触るとかぶれるからですね。若い頃そのことを知らなくて、腕に触ってひどくかぶれた経験があります。でも、その若葉は綺麗なのです。若い小枝が真っ赤なのが素敵ですね。

ヤマウルシの若葉が

  今、ヤマツツジが満開です。どこに行っても咲いていてとてもきれいなのです。

ヤマツツジの赤い花は

  また、コバノガマズミは今が満開です。どこにいっても、雑木林に白い花をつけています。

コバノガマズミの白い花は





岡崎総合公園のハリエンジュ、ユリノキの花に感激!

  土曜日に岡崎の総合公園を歩きました。数日前来るまで通過したときに、ハリエンジュがきれいに咲いていたので、その写真を撮りたかったからです。
  まさに満開でした。ハリエンジュ(別名ニセアカシア)は、パイオニアプラントと言われます。道路の切割りや新しく土を盛ったところなど、土壌がフレッシュな場所に(貧栄養の土壌)いち早く幼樹が入り込み、すぐに大きく成長するのです。そうすると、落ち葉が落ちて次第に土壌が豊かになり、他の栄養を必要とする植物が生えてくるわけです。まさにパイオニアなのですね。ですから、切り割りや盛土部分がたくさん作られる公園などには、真っ先にこの種が生えるのです。このハリエンジュやアカメガシワなどがその代表的な種ですね。総合公園が作られたのは30年くらい前でしょうか、その間にそれが高木に成長して今があるのですから、公園のいたるところにハリエンジュが咲いて、とてもきれいなのです。


ハリエンジュが満開

  羽状複葉の葉で、小葉は小さく丸いのが特徴です。白い花は、房状に下に垂れます。その白がまばゆいくらいに輝くのです。花は良い香りがあり、蜜を多く含むので、たくさんの昆虫が寄ってきます。養蜂をやる人は、この花を求めて移動することもあると聞いています。

ハリエンジュの花が

ハリエンジュの花をアップ

  今、岡崎のような低地の山は、ツブラジイ(別名コジイ、常緑高木)が花盛りで、カリフラワーのような樹冠が黄色く輝いています。下の写真は、手前の白っぽい樹木が花が咲いたハリエンジュの樹冠で、奥がツブラジイです。

ハリエンジュとツブラジイ

  もうひとつ感激したのは、ユリノキの花を見たことです。公園の街路樹として何十本も植えられています。図鑑では見て花を知っていたのですが、実物を見るのは初めてです。葉の形からカエデの仲間だと思っていたのですが、違いました。モクレン科ユリノキ属でした。

ユリノキの葉を

  始めは花が咲いているとは思わなかったのですが、上を見上げると下の写真のように、きれいな花がついていました。花がついているのは高い樹木の上のほうで、下から見上げるしかなかったのでよく分かりません。

ユリノキに花が1

  何十本もある街路樹でしたので、探しているうちに下のほうについている花を見つけました。

ユリノキに花が2

  さらに探していたら、下の写真のようにすぐ近くから花を撮影することができました。淡い黄色の花弁に、オレンジ色の色がついていて、それが実に美しいのです。感激して何枚もの写真を撮りました。花の下に、淡い黄色のものがついていますが、花芽を覆っていた芽燐が垂れさがったのでしょうか。

ユリノキに花が3

ユリノキに花が4

  ユリノキは街路樹として植えられることが多いと解説にありましたが、この美しい花を見てなるほどと思いました。




三河湖南の生活環境保全林でキケマンを見ました

    三河湖の南側にある「生活環境保全林」という県の公園があり、何度かご紹介しましたが、この季節の植物などを見たいと思って訪ねました。
  面白いチョウを見ました。と言っても、動いていないとまったくチョウであると分からないほど擬態が見事なのです。下の写真がそれですが、誰でも枯葉と思うほどです。調べたところ、コノハチョウというのだそうです。チョウの擬態を代表する種だそうです。実は、表はとてもきれいな模様なのだそうです。飛んでいるときは動きが早くて表の模様が見えませんでしたが、想像も出来ませんね。


コノハチョウは木の葉そっくり

  下はモチツツジです。後に出てくるヤマツツジと比べてみると分かりますが、ピンクの色がきれいな花です。花の下にある顎を触るとベタベタとくっつきます。ツツジ類も種類が多いのですが、ごく一般的なものは、コバノミツバツツジ、モチツツジ、ヤマツツジです。その区別さえ知っておけば野外で簡単に識別できます。

モチツツジの花とは

  下が、ヤマツツジですね。花の色が赤いですね。朱色と言った方が良いのかもしれません。

ヤマツツジの花とは

  ここにはニシキギがたくさん植えられています。秋になると紅葉がきれいなので、何度かご紹介していました。今回は、花が咲いている時に訪問したことになります。小さな白い花で、よく見ないと分からないほどです。

ニシキギの小さな花が

ニシキギの黄色い花が

  森の中に、ヤエヤマブキが咲いていました。八重桜のようなぽっちゃりとした黄色い花は、とてもよく目立ちます。美しい花ですね。

ヤエヤマブキがたくさん

ヤエヤマブキの黄色い花は

  ヤブウツギが咲き始めていました。濃い赤紫の色をしたラッパ状の花で、これも良く目立ちます。まだつぼみが大部分で、花はこれからです。ここでは、これからいろいろの種類のウツギ類が植えられており、開花が楽しみです。

ヤブウツギの真っ赤な花が

  小さな橋を渡ろうとしたら、キケマンを見ました。図鑑では知っていたのですが、見るのは初めてで、歓声を上げました。めったに見られないからです。下の写真には、ムラサキケマンも写っています。どこにでも咲いているムラサキケマンも美しい花ですが、キケマンもそれに劣らず美しいですね。

キケマンを初めて見た1

  チゴユリもたくさん見ることが出来ました。チゴユリは下を向いて花を付けるので、なかなか雌しべや雄しべの中身を見ることが出来なかったのです。ここでは横を向いたり、中には上を向いた花もありました。そういう違いは、場所による違いなのでしょうか、それとも時期による違いなのでしょうか。

チゴユリの中身が見えた






巴山・石塔坂古戦場への散歩道、色鮮やかなムラサキケマン!

  10日のブログで紹介した巴山・石塔坂古戦場への散歩道の続きです。
  ここにもカキドオシがたくさん咲いていました。きれいです!


カキドオシが咲いて

  釣鐘型の白い花を付けた低木がありました。調べたところ、スノキと分かりました。秋に鮮やかに紅い紅葉になる木であることは知っていたのですが、花は初めてみました。

スノキだろうと

  意外なことに、クロマツが何本か生えていました。以外と言ったのは、一般に山にはアカマツが、海岸部ではクロマツが生えているのですが、それがこの地域の山に生えているのです。おそらくは、この地域の人たちが植えたものだと思います。ちょうど雄花を出したところなので、それを写しました。

クロマツがあった1

  アカマツも同じような雄花を出しますね。面白い形をしていますが、上のほうの赤みがかった白の塔上のものが雄花で、その下のボチボチの突起が雌花だそうです。松などあまりにありふれている植物ですのであまり注目しませんが、面白い形をしているので注目してみました。

クロマツがあった2

   下のツル植物は、ツタウルシです。長命湿地にもたくさんあるのでよく知っているのですが、若葉が出ているころを知りませんでしたので写しました。三枚ペア(3出)の葉が特徴ですが、秋には赤く紅葉してとてもきれいなのです。触るとかぶれますので、要注意です。

ツタウルシの若葉1

ツタウルシの若葉2

  下は、クヌギの雄花が出たところではないかと思います。コナラやアベマキの雄花とよく似ているのですが、縦皺のある樹皮の形から判断しました。

クヌギの雄花だろう

  ムラサキケマンがいっぱい咲いていたのですが、このちいきの花は、とくに色鮮やかなのです。とてもきれいなので写しました。どうしてこんなに色鮮やかなのでしょうか。日照条件とか土の条件とかいろいろあるのでしょうね。

色鮮やかなムラサキケマン

  この散歩道のいたるところに、ニガイチゴが白い花を付けているのですが、下の写真の木は大きいのです。普通は地面に這うように生えていることが多いのですが、これは1m以上の高さになります。実がつくころに再びやってきて、食べてみたいです。

ニガイチゴの大木

  ミヤマシキミが、厚ぼったい葉の真ん中に白い花を付けていました。もっと大きな花とばかり思っていたのですが、こんなに小さな花もあるのですね。

ミヤマシキミに小さな花






庄の沢湿地、ハルリンドウは咲いていなかった!

  長ノ山湿原にハルリンドウを見たので、庄ノ沢湿地にも出ているかもしれないと、庄ノ沢湿地に出かけたついでに周囲を一周の散歩をしました。
  庄ノ沢湿地はさらに整備が進み、いろいろの植物に下のような名札(ネームプレート)が付けられていました。植物の素人であるわれわれにとって、とても勉強になります。下はコバノミツバツツジの名札ですが、花の写真までつき、簡単な特徴まで記されています。これまで、ミツバツツジとコバノミツバツツジが正確にどのように違うのか、あまりよく知らなかったので、勉強になったのです。


コバノミツバツツジの看板が

  すぐ近くに、ミヤコツツジのネームプレートもありました。名前を聞いたこともないツツジです。花が咲いていないので、葉だけでもと思い、写真を撮ってきました。。

ミヤコツツジの名札

  下はズミの葉を写したものですが、やはりネームプレートが付けられていました。つぼみや花は大体知っていたのですが、葉の特徴を知らなかったので写しておきました。意外と葉柄が長く、細鋸歯があるのですね。

ズミの葉は

  下は、湿地のすぐ西側の山に生えている常緑低木の植物ですが、名前は分かりません。前からこの植物の存在を知っていたのですが、名前が分からないのでご紹介しませんでした。今回は、若い葉が出ていましたので写しました。枝先に若葉が出ていますが、その下の茶色っぽいものは実なのでしょうか。どなたか、教えてください。

これは何か???

これは何か???2

  下は、ヤブデマリだと思います。今、作手の各地で見つかります。まだ開花はしていないようです。白い花のように見えるのは、装飾花といって花ではないのです。装飾花の中央にある粒々がつぼみです。

ガマズミの花序が

  下は、ミヤマガマズミではないかと思います。対生の葉の枝先に、花序がついていますが、花芽は平坦になっています。葉の先端が細長く尖っているのも、ガマズミとの違いです。白い花がきれいです。

ミヤマガマズミの花序が

ミヤマガマズミの花は

  そしてここにも、ニガイチゴの白い花がありました。写真に見るように、花の季節はほぼ終わりかけており、少しずつ実がつき始めています。赤い実がなって美味しいそうですが、小さな実は苦味があるそうです。でも食べてみたいですね。

ここにもニガイチゴの花

  オナモミに、まだ枯れた実が付いていました。去年覚えた植物です。ひっつき虫ですね。子どものころ、これを取ってセーターなどを着た友達に投げるとくっつくので面白く、そんな遊びをしたことを覚えています。緑の中に枯れた茶色になっていますので、よく目立ちます。

枯れたオナモミの実が










クロツグミの美声にうっとり! 初めてクロモジの花を!

  おとといの月曜日は、巴山から石塔坂古戦場への散歩をしました。作手村の西に連なる山の尾根道です。とても見晴らしがよいところで、散歩には最適です。そこで、ほとんど出会ったことがない植物を見ることが出来ました。
  下は、ナツグミです。たくさんの小さな黄色い花を付けていました。落葉低木で、2mに満たないブッシュです。こんな花を付けるなんて、これまで出会ったことがないので知りませんでした。


ナツグミの花が一杯

ナツグミの花が一杯2

  アップしてみると、細長いラッパ状の花で、先端の部分で急に4枚の黄色い花弁が広がります。香りがよいそうですが、それには気づきませんでした。葉が波打つのも特徴のひとつですね。夏(6~7月)には真っ赤な実を付けますので、この名がついたと言われます。実は美味しいので、栽培されていますし、鳥が食べに寄って来るということです。鳥に食べられないうちに、ここに来てみたいと思います。

ナツグミの花1

  もうひとつ驚いたのは、下の植物です。たくさんの黄色い花を付けています。始めはまったく分からなかったのですが、よく観察するうちに、ツル植物であることと葉の形からサルトリイバラであることに気がつきました。秋に真っ赤な実を付けることは知っていましたが、こんな花を付けるなんて知りませんでした。驚きの発見です。

サルトリイバラの花が1

サルトリイバラの花が2

  「イバラ」の名がつくように、幹には鋭いトゲがあって、藪込みをするときなどは痛くてたままりません。下の写真に、トゲがたくさんついているのが分かりますね。

サルトリイバラのトゲ

  もうひとつ、初めて花を見たのが、下の写真のクロモジです。葉の形と幹の色で判別は容易だったのですが、これまで花を見たことがありませんでした。小さな黄色い花が放射状に、下向きに付くのですね。

クロモジに小さい花が

クロモジに小さな花が

  もうひとつ驚いたのは、満開のズミの花を見たことです。高さは10mくらいの大きな木に、はながいっぱい付いて、葉が隠れるほどです。始めは名前が分からなかったのですが、図鑑と首っ引きに調べて、ズミと分かりました。いままでにもズミを見ていたのですが、つぼみしか見ていなかったのです。つぼみはピンク色をしていることが多いので、咲いた花もそうだろうと思っていて、なかなか確認できなかったのです。

花が満開のズミ
ズミの花は

  さらにもうひとつ驚いたことは、クロツグミに出会ったことです。遠くから山全体に響き渡るような美声が響いてきたのです。これまでに聞いたことのない小鳥の鳴き声です。鳴き声の方向を見渡したところ、高い杉の木の頂上の枝に鳥が止まっていました。下の写真は、望遠で撮影し、さらに大きく拡大して見たものです。黒い羽、黄色い嘴、黒まだらの腹などの特徴から、クロツグミと分かりました。4月ころにわたってきて、5月には木のてっぺんでさえずるのだそうです。連れ合いがケイタイで録音したので、家に帰ってうちにある鳥の鳴き声を録音した本(『声が聞こえる!野鳥図鑑』)で聞いたところ、間違いなくクロツグミでした。感激です!

クロツグミが美声を






イカリソウ、オオデマリ、カワトンボがきれいでした!

    連休は孫が来ていたので、Hyさんの放牧場にポニーの赤ちゃんを見に行きました。4歳と8ヶ月の男の子なのですが、同じくらいの大きさの動物は興味があるようでも怖いのでしょう、初めはおっかなびっくりでなかなか近づけません。赤ちゃん馬が近寄ってくると後ずさりしてしまうのです。そのうちに慣れてきて、手を出すようになるのですが、その仕草が可愛いのです。

生まれた子馬が3

  ついでにHさんのところにお寄りして、ひとしきりおしゃべりを楽しみました。さすが元花屋さん、庭にはたくさんの花が咲いていました。ひときわ目を引いたのは、下の写真のイカリソウです。とてもきれいな花に感動しました。

イカリソウがきれいで

  これは別の場所ですが、クリンソウが咲いていました。この花も、驚くほど色鮮やかできれいですね。

クリンソウがきれいです

  前回、三河湖のほとりで咲いていたウワミズザクラの花をご紹介しましたが、ここにも咲いていました。真っ白のブラシのような花がたくさんついている姿をみると、感動してしまいます。下は、アップして写してみました。まだつぼみが多いですが、一部分咲いていますね。

ウワミズザクラの白い花が

ウワミズザクラの花が咲いた

  下は、オオデマリではないかと思います。大きな堀の深い丸い葉の上に、淡い緑の丸い花序が乗っています。花が咲いたらさぞかしきれいでしょう。

オオデマリだろう

  カワトンボが飛び出し始めました。いつも、他のトンボ類よりもいち早く飛び始めるのです。羽が茶色で、それがきれいなのです。まだ羽化したばかりで動きが鈍く、近寄っても逃げません。

カワトンボがいた






三河湖周辺を散歩! 山遊里付近の里山が美しい!

    連休も終わって、わが家の前の田んぼに稲が植えられました。とてもきれいです。作手では、ほとんどが連休中に田植えを終わります。もう少し成長すると、田んぼの緑がもっと輝きます。

田んぼに稲が

  連休は息子たちと孫がきていたのですが、その一日を三河湖周辺で過ごしました。下は、三河湖の一番東の方の対岸に渡る橋を写した写真です。新緑がまぶしいくらいですね。そして、川の風景が素晴らしいです。

三河湖の東端付近

  そこに、ウワミズザクラの花序が出ていました。この植物はサクラの仲間なのですが、ソメイヨシノ、ヤマザクラと続いて咲いた後に、この花が咲き始めます。ビンを洗うブラシのような形の真っ白の花が咲くのですが、まだつぼみの粒々が見えます。

ウワミズザクラの花序が

  ここでも、モミジイチゴの白い花が下向きについていました。もうじき黄色い実がなるのを楽しみにしています。今年は多種類あるイチゴ類に大分詳しくなり、すぐに見分けられるようになりました。

モミジイチゴの白い花が

  嬉しいことに、久しぶりにチゴユリに出会いました。山の斜面の下のほうに、たくさん生えていました。作手では、一箇所だけしか生えているところを知りません。なかなか出会えなかったので、嬉しかったのです。柄の長い小さな白い花が下向きにつくのが可愛いですね。

チゴユリが美しい1

チゴユリが美しい2

  さらに三河湖の下流に場所を移して、「山遊里」という施設を訪ねました。というのは、そこで「ソーセージ作り」の実演をさせてくれるというので、そういうことの大好きな息子たちが望んでいたからです。2時間ほどかかってソーセージを作っている間、ぼくはその周辺を散歩しました。とても景色のよい里山風景であったので、前から散歩したいと思っていた場所です。下の写真のように、丘の上の小学校に上る道に、たくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

山百合近くの小学校

  下の写真のような里山風景なのです。家々が環境と見事に調和していますね。

美しい里山風景1

美しい里山風景2

  この村の道沿いに、いろいろの種類の草花が咲いていたのですが、その中で特に目を引いたのが下の写真の植物です。これも始めは種類がわからなかったのですが、ようやく判別しました。クサノオウです。名前は知っていたのですが、実物は初めて出会いました。どこにでも生えている雑草ですが、独特の雰囲気のある花ですね。

クサノオウが咲いていた

   「山遊里」という施設の前の農家に、真っ白の花をたくさん付けた樹木がありました。近寄ってみたら、フジの仲間です。帰ってきて図鑑を調べたら、シロバナヤマフジという種類であることがわかりました。栽培種かなあ、と思っていたら違いました。ヤマフジというのは薄紫の色をしているのですが、これは真っ白の花なのです。普通のフジの方が花序が長いこと(長い花になる)、羽状複葉の対になる葉が多い(7~9対)こと、ツルの巻き方は左巻きであることなどで区別できます。ヤマフジのうちでも花が白いものを、シロバナヤマフジと言います。これも初めて出会いました。

シロバナヤマフジが1

シロバナヤマフジが2

  息子たちが作り終えたソーセージを食べさせてもらいましたが、とても美味しいのです。作りたてなのでしょうか、独特の風味があって、味を楽しみました。





ムシカリ、タチヤナギを見ました! 初めてスズメノヤリを同定!

   塞ノ神城址一周コースの続きです。
  下は、ムシカリの木です。別名オオカメノキです。大きな丸い葉が特徴で、装飾花を伴った白い花が咲きます。ちょうど咲いているところなのですが、はの上に咲くので、下の写真ではほとんど見えません。


ムシカリの大きな丸い葉

  下から花を覗いた写真が下です。白い花がきれいです。

ムシカリの花が

  草むらに下の写真のような花が咲いていました。まっすぐに伸びた茎の上に線香花火のような形の花が咲いています。名前がわからなかったのですが、偶然図鑑を見ていたらありました。スズメノヤリでした。

スズメノヤリがあった

  下の植物は名前がわからなかったのですが、ヤナギの仲間だと思って図鑑を調べていたら、タチヤナギの雌花序であることが分かりました。葉の形がタチヤナギですね。

タチヤナギの雌花序が

  下はミヤマガマズミではないかと思います。ガマズミと違って、葉の先端が尖っていること、花序が平たく広がることなどから判断しました。これから花が咲くところですね。

ミヤマガマズミではないか


  さて、長ノ山湿原の奥のほうに三つの池があります。夏になるとトンボがたくさん、しかも多種類のトンボがいますので、ぼくらはトンボ池と呼んでいます。そのひとつの池に、楕円形の丸い葉の水草が一面に覆っていました。ヒルムシロです。作手の池や湿地にはこれが繁殖しています。夏になると、水面から上に直立した穂を出し、黄緑色の花が密に咲きます。

ヒルムシロがいっぱい

  その池に、メダカの大群がいました。写真は写らないだろうと思っていたのですが、パソコンで開けて見たらよく写っていました。光の加減で、肉眼では見にくい映像も、パソコンの操作で見えるようになるのですね。

メダカの大群が

  一番奥の池の周囲に枯れたアカマツが立っているのですが、そこにアオサギが止まりました。こうしてみると、アオサギはくちばしが大きいですね。

アオサギが松ノ木に

  下は、ヤマウルシの若葉です。淡い緑の葉と、赤い茎がきれいですね。

ヤマウルシの新芽が

  下のようなオダマキが咲いていました。本来は薄い黄色の花を咲かせるヤマオダマキですが、これは鮮やかな赤紫色なので、オオヤマオダマキあるいは栽培種なのでしょう。首が垂れて下に向いた花を咲かせる姿は見事です。何ときれいな花でしょうか。

ヤマオダマキがきれい

  下は、葉の形からしてカエデの仲間で、コハウチワカエデだろうと思います。葉の下に赤い花が咲いていて、とてもきれいです。

カエデ?の花が







イチゴ類がいっぱい!シャクナゲの花が!アカシデの新芽がきれい!

  この連休の後半は、息子夫婦と孫がやってきました。久しぶりの来訪で、四日間、楽しいときを過ごしました。孫も大きくなり、知的にもとても成長していました。嬉しかったです。

  さて、塞ノ神城址一周コースの散歩道の続きです。
  
今、いろいろの種類のイチゴがいっぱい咲いています。下は、クサイチゴでしょう。図鑑によれば、赤い実がなります。我が家の裏山にもたくさん咲いています。三枚の葉のセットが特徴です。これも今年判別できるようになった種ですが、分かってみるといたるところに咲いているのにびっくりしています。

クサイチゴが群生し

  下は、ニガイチゴです。赤い実がなります。

ニガイチゴがいっぱい

  下は、ヘビイチゴの黄色い花です。丸い葉が三裂するのですが、縁がぎざぎざしているのが特徴ですね。これも、いたるところで見かけます。

ヘビイチゴが群生し

  シロモジに葉がでました。小さな黄色い花が最初の咲き、その後から葉が展開します。花はまだ残っていますね。葉が独特の形をしていますので、葉が出れば種のすぐに分かります。

シロモジに葉が出た

  文殊山の頂上に行きました。シャクナゲの花が咲くころかなあ、と思っていたからです。残念ながらまだつぼみでした。山頂のシャクナゲは、正確にはホソバシャクナゲと言います。ホソバシャクナゲは、名のように葉が細いのです。図鑑を調べてびっくりしたのですが、この種は愛知県の東部と静岡県の西部にしか生息していないということです。

ホソバシャクナゲのつぼみが

  北の方に降りていきますと、真っ赤なシャクナゲの花が咲いていました。今度は、葉がひろいので、まさにシャクナゲです。

シャクナゲの真っ赤な花が

  アップしたのが下の写真ですが、たくさんの花が集合して大きな花になっていることが分かります。それにしても、この赤は色鮮やかですね。

シャクナゲの花は


  下の写真のように、シキミが淡い黄色の花を付けていました。今が開花の季節ですが、美しい花ですね。仏事に使う花でもあります。

シキミの花がきれい

  もう一つ感激したのは、アカシデの若葉がとてもきれいだったことです。小さい葉ですが淡い緑の色と、根もとに紅い部分があり、それがきれいなのです。とくに陽の光を浴びた若葉を下から見上げると、見事な美しさです。下の二枚の写真をご覧ください。

アカシデの新芽がきれい

アカシデの新芽は




 

塞之神城址への散歩道にサイフリボク、ヒメシャラの木を発見!

  作手も新緑になりました。塞の神城址を一周するコースを散歩したときに見つけた樹木をご紹介します。
  前にも話したように、雑木林で一番個体数が多いのがコナラです。コナラの新芽が出てこないと、雑木林の新緑が始まらないのです。そのコナラに新芽が吹き出し、ほぼ同時に雄花が出ました。下の写真がそれです。


コナラの雄花が出た

     枝の先端に4~5枚の葉が出るのですが、束生ではなく互生なのです。その葉が垂れるように出ますので、山のような形となります。その下から雄花が垂れ下がります。まだ咲いてはいないので、この段階では花序と言うべきでしょう。、

コナラの雄花が

  作手地方では常緑針葉樹のモミの木がたくさんあって、巨木となっています。塞の神城址の周辺にもたくさんのモミが生えていて、見上げるようの大きな樹木となっています。そのモミの木に新芽が出始めました。枝の先端に三本の黄色い若芽がでるのでよく目立ちます。

モミの木に新芽が

  モミとカヤとはとてもよく似ていて外見だけでは区別できませんが、下の写真のように葉の先端が二股に分かれて尖っています。カヤは一本です。そのためか、カヤは葉に触ると痛いですが、モミは痛くないのです。手で触るなど原始的な識別法ですが、こういう知識が識別にとても役立つのですね。

モミの木の新芽

  ここは「歴史の小径」になっていますので、旧作手村によって道が整備され、ところどころにまるで街路樹のように珍しい樹木が植えられ、ネームプレートが置かれているのです。これまで名前は知っていましたが、ネームプレートがあったためにお目にかかれない二つの樹木を見ることが出来ました。
  一つは、下の写真のサイフリボクです。真っ白の細い花弁を持った美しい花を付けます。ちょうど満開でした。


サイフリボクの花が咲いた

  下のような真っ白い花です。真っ白の5枚の花弁と、中の雌しべも雄しべも白いのです。清楚な美しさをたたえていますね。

サイフリボクの花

サイフリボクに花が

  もう一つ教えられたのは、ヒメシャラの木です。ナツツバキとは近縁種で、特徴がほとんど同じですが、花はヒメシャラのほうが小さいです。花の季節ではないので比較できませんが、・・・・。5月には、真っ白の花を付けるそうです。もうじきですので、一度見てみたいです。

ヒメシャラの若葉が

  驚いたのは、幹の色です。木肌がオレンジ色に輝いていたのです。オレンジ色の木肌の樹木なんて、見たこともありません。あえて似ているとすれば、リョウブあるいはサルスベリでしょうね。

ヒメシャラの木肌は

  さて、塞の神城址付近に、ミヤマシキミがたくさんはえているところがありました。これまでつぼみは見たことがあるのですが、花が咲いているところは見たことがありません。そこに花をたくさん付けたミヤマシキミがありました。下の写真です。

ミヤマシキミに花が

  アップすると下の写真のようです。小さい花が無数に集合していて、玉のようになっているのですね。初めて見る花は印象に残ります。

ミヤマシキミの花

  見たこともない樹木の花に出会えてうれしいです。ラッキーな散歩となりました。




庭のアベマキ、オニグルミ、カツラに新芽が! ヤマブキ、ゴヨウアケビの花が満開!

  前回の続きです。長ノ山湿原ホオノキが二本生えているのですが、それに若い葉がつきました。ホウノキの若葉は花のように見えますが、花ではなく、葉なのです。緑色は葉ですが、とオレンジ色は顎なのだそうです。面白い形ですね。

ホウノキの若葉が出

ホウノキの新芽が出た

  トキワハゼが群生していて、とてもきれいでした。花が大きいように思います。

トキワハゼがきれいでした

  下は、長命湿地のハンノキに葉に、ブルーのきれいな昆虫がたくさん止まっていたので写しました。図鑑で調べてみましたが、なかなかわかりません。おそらく、ヨモギハムシではないかと思うのですが、確かではありません。それは、ヨモギを食草にしている昆虫だそうです。

ヨモギハムシでは?


  さて、わが庭の植物も新緑の季節となりました。
  下は、アベマキの若葉です。これは、岡崎の県営グランドの奥の雑木林で拾ってきたドングリをプランターに植えておいたら、次第に大きくなってきたものです。アベマキのどんぐりは大きくてずんぐりしています。細長若葉がきれいです。もっと拡大すると分かるのですが、鋸歯が硬くなってトゲのようになるのです。先回、岡崎の藤川宿の近くでアベマキの雄花を紹介しましたが、ここではまだ雄花は出ていません。もともと寒い地方では育たないので、作手で大きく成長するのか、分かりません。


庭のアベマキに若葉が

  玄関口のヤマブキが満開になりました。黄色い花がたくさんついてきれいです。アップするともっときれいですね。

庭のヤマブキ満開に

ヤマブキの花はきれい

  植えたオニグルミに新芽が吹き出してきました。羽状複葉の葉が、これから伸び出してくるのですね。

オニグルミに若葉が

  我が家にはコウバイとハクバイがあるのですが、面白いことにコウバイの新芽は赤っぽい色をしていて、ハクバイの新芽は緑色です。下の写真では、奥のほうにコウバイ、手前にハクバイがあるのです。そんな葉の色の違いなどは、これまでまったく気がつかなかったのことです。

ウメに若葉が

  これまでに庭の中央にあるカツラの花などを紹介してきましたが、今の季節では下の写真のように葉が大きくなっています。丸い葉がきれいですね。、

カツラの若葉は

  裏山に生えているタンポポに、ベニシジミが止まりました。ベニシジミの赤とタンポポの黄色が実に美しいですね。

裏山のタンポポにベニシジミ

  下は、庭の棚に這わせたゴヨウアケビに花が咲きました。今が満開でしょう。葉の下に赤い花がたくさんついているのが分かりますね。すごい数です。雑木林に生えているゴヨウアケビの花は白が普通なのですが、どういうわけか我が家のものは赤です。赤いほうがきれいですね。まだ棚の一部にしか広がっていませんが、そのうち、棚の全面に咲かせたいと思っています。

庭のアケビに花が満開

  我が庭にもナルコユリがあります。それがたくさんの楕円形のつぼみをたらすようになりました。開花が間近ですね。

ナルコユリが庭にも







長命湿地ではレンゲツツジが!長ノ山湿原ではハルリンドウがきれい!

  久しぶりに長命湿地に行ってみました。いつもこの頃から、レンゲツツジが咲き始めるからです。この頃はあまり雨が降らないせいか、湿地の水が少ないように思いました。カエルの合唱はいっぱいでしたが、・・・・。

久しぶりに長命湿地に

  湿地の水の出口付近に行ったら、白い小さな花をたくさん付けたクレソンがいっぱい咲いていました。正式にはオランダガラシというのだそうです。オランダから持ち込まれた外来種で、ヨーロッパ人がサラダなどに入れる野菜として栽培されたものだそうです。ちょっとピリ辛の野菜で、今は日本でも売られています。美味しいですね。
  ところが去年、Oさんと歩いたときに南の入り口付近で見つけたのですが、Oさんから「これは猛烈な繁殖力がありますので、初めは少しでもそのうちにこの湿地全域に広がって真っ白になってしまいますよ!」と言われました。それは大変!と、その付近のクレソンを苦労して退治したのですが、今年は下流の出口付近に広がっていたのです。土嚢を積んで水をためたところです。下の写真ではわかりにくいですが、白っぽい粒が見えますが、それがクレソンの花です。


クレソンはびこる

  拡大してみたのが下の写真です。セリのような白い小さな花ですが、葉はまったく違います。繁殖力が強い植物は、既存の他の植物の成長を妨げてしまうのです。生態系が変わってしまうほどですので、見つけたら退治していかないと大変なことになります。厄介な仕事がまた増えました!
  
クレソンの花は

  お目当てのレンゲツツジですが、咲き始めていました。感激です!! なんと美しい花でしょうか! 下の写真はつぼみですが、つぼみですらこんなに美しいのです。つぼみの数を数えたら、11~12個ありました。ひとつずつ咲くので、全部咲いたら大輪になるわけです。

レンゲツツジつぼみが

  咲き始めた花をアップで写しました。こんな花が、ひとつの木に何10と付くのです。それが湿地の中に点在する(おそらく数10本)レンゲツツジの低木に咲くと、緑の中にオレンジ色が点在する風景を作るのです。ほんとうにきれいです! 作手地方にはいくつもの湿地があるのですが、これほどレンゲツツジの本数が多くてきれいな湿地をぼくは知りません。長命湿地の宝物と言えるでしょう。

レンゲツツジ開き始め

  雑木林に入ってみたら、下の写真のように、ネジキの赤い枝と新芽がきれいでした。これも感激ですね。

ネジキの新芽が出始めた

  近くにある長ノ山湿原はどんな植物が咲いているのか知りたくて、そこに行ってみました。広い湿原は草が刈られて、遠くまで見通せました。まだヤマザクラの花が残っていて、コバノミツバツツジがピンクの花を咲かせていました。、

長ノ山湿原の風景は

長ノ山湿原の風景は2

  刈られた草地を目を凝らして見ていたら、ありました! ラッパ状に開いたハルリンドウが無数に咲いていたのです。小さい花ですので、目を凝らさないと見えません。しかも、道から遠いので、望遠でようやく写せたのです。優雅で美しい花ですね。

ハルリンドウが咲いた

  ゼンマイが芽を出す季節で、作手の各地で見つかります。ここのゼンマイは、ヤマドリゼンマイといって、とても珍しい種なのです。絶滅危惧種に指定されています。高さが1mを超えるほど大きくなります。出始めのゼンマイは面白い形をしていますね。茎が赤っぽいのもきれいです。

ヤマドリゼンマイが出始め







藤川宿近くの鉢地川の土手を歩きました!クヌギ、アベマキ、ヌルデの新芽が!

  先週の土曜日は、岡崎藤川宿の蕎麦屋さん「はるみの」でSさんの足裏マッサージを受けた後、周辺を散歩しました。旧東海道の宿場として藤川宿が栄えたところで、松並木が有名です。その一部を写しました。

藤川宿の松並木が

  お目当ては、その近くを流れる山綱川の土手に多種類の樹木が植えられていて、とても面白いのです。種が分からない植物もあるのですが、そのいくつかをご紹介しましょう。岡崎はもう新緑にどっぷりとつかっています。新芽や若葉がとてもきれいです。
  下は、クヌギの雄花だろうと思います。こんな雄花が出てくるなんて、知りませんでした。


クヌギの雄花か

   我が家に植えられているアカメガシワはまだ新芽も出ていませんが、ここでは川原にたくさんのアカメガシワが成長していて、新芽が吹き出していました。名前の通り、新芽が赤いのです。それがとてもきれいで、ぼくは大好きな木です。だから、我が家にも植えたのです。

アカメガシワの新芽がきれい

  下は、アベマキです。この季節、新芽と雄花が同時に噴出すみたいです。黄色というか淡い茶色というか、雄花がこんなにいっぱいつくなんて知りませんでした。このアベマキは、温暖なところに生息する種で、作手では見たことがありません。でもぼくの大好きな樹木ですので、庭に育てています。寒さに負けてしまうでしょうか。

アベマキの雄花が

  ヤエヤマブキが満開でした。ヤマブキは5枚の花弁を持つ黄色い花であることはよく知っているのですが、ヤエヤマブキは八重なのです。八重桜と同じように、たくさんの花が集合しているのです。とてもきれいです。

ヤエヤマブキの黄色い花

  ヌルデが新芽を出していました。枝先に新芽が出ている姿は美しいですね。羽状複葉の葉が特徴です。下の写真では、白い実が垂れ下がるように付いていました。

ヌルデの新芽は

  鉢地川の川原にアオサギを見つけました。川の魚を食べて生きている鳥ですので、川にいるのは当然です。魚を追いかけて茂みに入っていく姿を見ました。最近、全国的にこのアオサギが増えていると言われますね。どうしてなのでしょうか。

川にアオサギが

  すぐ近くにカワウもいました。橋の下で暗かったので、いまいちピントが甘い写真になってしまいました。水の中にもぐっては小魚を漁っていました。いっぱい小魚がいるようです。長良川の鵜飼は有名ですが、カワウを飼育して鮎を採るようにしつけたわけですね。

カワウもいた

  道端の草むらに、ダイコンソウが群生していました黄色い花が終わると、そこにボチボチの玉ができるので、すぐに分かります。変わった姿ですね。

ダイコンソウがいっぱい

  下は、トキワハゼです。群生するととてもきれいです。

トキワハゼがきれい






庭の木々の新緑は美しい! 周辺の雑草の花も美しい!

    うちの玄関前のヤマブキが咲き始めました。黄色い花がきれいです。

山吹の開花が

  シラカバも新芽が出て、雄花が垂れ下がるようになりました。今年は、例年よりも雄花がたくさんついたように思います。。

シラカバの新芽と雄花


  庭のアカシデの大分大きくなりました。それに、新芽が吹き出しました。それが垂れるように出るので、とてもきれいなのです。

アカシデの新芽が

  さて、話は違いますが、これまでおよその説明をしてきたタンポポですが、いまいち写真が悪くわかりにくかったので、再び説明を加えましょう。前にセイヨウタンポポがはびこって、日本の在来種が駆逐されていることをお話しました。顎辺が反り返るのがセイヨウタンポポで、ないのが在来種です。作手の地域を歩いていると、セイヨウタンポポはまだそれほど多くはなく、在来種も多く見られますので、それほど西洋化が進んでいない、つまり田舎だとということになります。
  それも、セイヨウタンポポが多く見られるのは道沿いです。庭の中は在来種でも、県道に出るとセイヨウタンポポが多いのです。おそらく、港から種が車に運ばれて拡散していったのではないかと思います。在来種は、この辺りではカントウタンポポです。下の二枚の写真に見るタンポポは反り返りがありませんので、カントウタンポポということになります。在来種でも、北海道や東北地方ではエゾタンポポがあります。


カントウタンポポは

これもカントウタンポポで

  それに対して、下の写真のタンポポは反り返りがあります。この写真では、右側のほうにある花が終わったものと、左のほうの花がついたものが写っていますが、両方とも反り返りがあるのが分かりますね。

これはセイヨウタンポポで

  この季節、野山を歩いていてしばしば出会うのが下の写真の植物です。紅い小さな花がとてもきれいなのですが、どこにでもあるのです。前から名前を知りたいと思っていたのですが、ようやく分かりました。カラスノエンドウです。羽状複葉の楕円形の丸い葉が特徴的ですね。

カラスノエンドウが

  下は、ニョイスミレでよいと思います。スミレは、花が紫色あるいは薄いピンクなどいろいろですが、白い花弁を持つスミレは少ないように思います。湿ったところを好むようです。

ニョイスミレでは

  下の写真の植物は、ヘビイチゴだと思います。これも最近になって名前を知ったのですが、名前を知ってみると意外と目に付きます。名前を知るということはその植物の特徴を意識することですから、よく目に留まるのです。このごろ、そういう体験を重ねています。

ヘビイチゴだろう

  このごろ、いろいろのチョウが舞い始めています。花の季節になると、とたんにチョウが多くなるのは、彼らの好物の蜜が花にはたくさんあって、それにありつくためなのでしょう。それが同時に、植物の受粉に役に立つわけで、共存共栄です。生物学の用語では、「共生関係」と言いますね。ベニシジミは、小さいですが色が赤いのでとてもよく目立ちます。ベニシジミの食草は、スイバ、キシギシなどだそうです。そういえば、この地域ではスイバはいたるところに生えています。

菜の花にベニシジミが









coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。