スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪割り、後日談! 連れ合いがツタウルシにかぶれた!

  今年初めて、雪が降りました。降ったと言っても、ほんの2~3cmくらい。うっすらと地表を覆ったに過ぎません。でも、降ったり止んだりしています。そのせいか、寒いです。かんかんに薪ストーブを炊いてもなかなか温まりません。毎年年末には雪が降るのですが、とりわけ寒く感じるのは、これまでが暖かすぎたのかもしれません。

雪の庭

  ところで、先回、長命湿地南の牧草地で伐採された樹木を薪にしようと作業したことをお話しました。その後日談です。下は、先回お見せしたハンノキを輪切りにした写真です。細かいところを注意して見てください。丸太の表面に細い枝がくっついているのが分かりますね。それは、ハンノキに絡んだツタウルシです。長命湿地にたくさんあるハンノキにも、大部分の樹木にツタウルシが巻きついています。ツタウルシは、ヤマウルシやヌルデと同じようにかぶれる木です。実は、ぼくは伐採する役割、連れ合いがそれを運ぶ役割と役割分担をしたのですが、それが悪かったようです。連れ合いがハンノキを運ぶときに顔にツタウルシの小枝が触れたのでしょう、帰ってから顔や手の皮膚が見る見る腫れだし、下痢をし気分が悪くなってしまったのです。


ハンノキの幹は黄色1


  もっと早く気がついてあげればよかったのですが、ツタウルシがかぶれることは知っていても、まさか伐採するハンノキにくっついているとは思いもしなかったのです。ハンノキのほうばかりに目が向いていて、ツタウルシのほうには目がいかなかったのです。
 下は、秋に写したツタウルシの紅葉です。三枚の大きな葉がセットになって、秋にはそれが紅葉するのです。実に美しく紅葉していますね。そういえば、ヤマウルシもヌルデも紅葉がきれいですね。長命湿地では黄葉する樹木はあっても紅葉する樹木は珍しいので、ツタウルシを大事にしているのです。でも、それにやられるとは、不運でした。医者に行って手当てをしてもらったらぐんぐんよくなって、今ではほとんど目立たなくなりました。今回は、大変よい経験をしました。

ツタウルシの紅葉

  今年の最後ブログになりそうです。最後に下記の本を紹介して終わりにします。
  下の写真の本は、Hさんに紹介していただいて買って読んだのですが、すごいです。ぼくも田舎の山の生活をする中で、森の樹木の伐採やそれを利用した木工にはまり込んできました。ぼくもまったく知らないところから出発したのですが、たくさんの方や地元の方の教えてもらいながらやってきました。この本の著者は、ぼくと同様、まったく山の生活を知らなかったのですが、ただ消費するだけの都会生活に疑問を持ち、自然の中で暮らしそのものを創造したいと山奥に暮らし、生粋の山村の老人と出会い、古来から地域に伝わっている技術を習得し、一緒の汗をかくところから生まれた本です。
  ★ 山の木を伐り、使う 
  ★ 崩れた石垣を補修する 
  ★ 荒れた屋敷地を整える
  ★ 山の水を家に引く  
  ★ ひとりで小屋を建ててしまう  
  ★ 薪炭火の技術、囲炉裏の再生
など、昔のワザを新しい感性で尋ね、深めた山暮らしの基本技術を、詳細なイラストと写真で紹介しています。とても分かりやすく、ぼくが知らないことも多くあって、教えられることが多かったです。山の生活をしてみたいと思っている方には、最適の参考書になると思います。

山で暮らす、本

  大内正伸著:『山で暮らす愉しみと基本の技術』 農文脇 ¥2600円+税


  今年ももうじき暮れます。来年が今年よりもよいお年になるよう、お祈りいたします。
スポンサーサイト

長命湿地南の牧草地、切り倒した大木を薪に!庭に小鳥が!

  長命湿地の地主さん、Hyさんから声をかけられました。「湿地の南の牧草地を田んぼにしようと思って始めたんだがね、自然に生えていたコナラやハンノキなどの雑木が邪魔なので、切り倒したんだが。良かったら割り木(薪)にしたり、シイタケのホダ木に使ったらどうかね?」と。もちろん、OKの返事をしました。薪はたくさんあるに越したことはないですからね。この牧草地には、二匹のポニーが飼われていて、何度もご紹介しました。今は、切り倒された状態が下の写真のようになっています。谷間に向けて倒してありますので分かりにくいですが、雑木が倒れているのが分かると思います。風邪もだいぶよくなってきて、運動不足であることもあって、この二三日、それらを薪にすべくチェンソーの作業にいそしみました。。

切り倒した大木1

  下は、コナラの大木を切り倒したところです。根元の太さが60~70cmもありますので、チェンソーで伐るにしても大変です。

切り倒した大木2

  ようやくチェンソーで輪切りに伐ったところが下の写真です。まだ根元の部分が残っていますが、あまりに太くて、太くなると重くて運べなくなるのです。そこで、やめています。コナラは、切ると幹が白っぽいです。ほのかな甘い香りがします。シイタケのホダ木にしようと思っています。今のうちに伐っておき、3月頃に菌を植えれば間に合います。本数が少ないかもしれません。

コナラのホダ木

  下は、ハンノキを切り倒したところです。二本に株立ちしていますが、根元は80cmくらいの太さになります。大木です。

切り倒した大木3

  今日までの作業で、ここまで伐りました、というのが下の写真です。ここまで伐るのが大変なのです。先のほうの細い枝から切り取り、太くなってくると輪切りにして薪の材料にするわけです。ちょうど谷の斜面にかかっているので、不用意に伐ると太い幹がごろりと動いて自分の足の上に乗ってくるから、とても危険です。しかも、チェンソーを土に付けないように作業しなければなりません。土の微粒子がチェンソーの回転部分を磨耗してしまうので、チェンソーを扱う人は神経を使うのです。

ここまで伐ったハンノキ

  ハンノキを輪切りにしたことは今までになかったのですが、輪切りにしてみて気づいたのは、ハンノキの幹がとても鮮やかなオレンジ色であることです。伐ってすぐは白っぽいのですが、5分も経たないうちにオレンジ色に変わるのです。これは初めての経験でした。

ハンノキの幹は黄色1

  下は、伐ったハンノキを道端まで運び出して置いたところです。ハンノキはシイタケのホダ木にはならないと聞いていますので、こちらは30cmくらいの輪切りにして薪にする予定です。今はちょうど冬で、薪をどんどん消費していますので、あれだけ大量に作った薪ではあるのですが、どんどん減少しています。これで大分補充ができると思っていますが、少なくとも1年は乾かさなければなりません。これが薪として使われるのは2年後くらいかな?

ハンノキの輪切り

  冬になると樹木の葉が落ちるので、小鳥たちが目に付きます。わが庭に毎日のように、ホオジロとジョウビタキがやってきます。写真を写すのは、難しいのですよ。葉が邪魔をしないとはいえ、今度は枝が邪魔をします。かなり粘っていないと、良いシャッターチャンスがめぐってきません。シャープに写ると、可愛いのです。下の二枚はホオジロです。真っ青の冬の空に枝が伸び、それに可愛いホオジロが写っているなんて、素敵でしょ。

冬のホオジロ1


冬のホオジロ2

  下は、ジョウビタキです。羽に白い斑点が良く目立つので、すぐに分かります。ふっくらとしたお腹のオレンジ色がきれいですね、これは、手前の声だが邪魔をして、いまいちピントが甘くなってしまいました。

冬のジョウビタキ1


冬のジョウビタキ2



長命湿地のニシキギの実がきれい!


  先週の土曜日、長命湿地の草刈りをしたところを写真に取りました。だいぶ前に刈ったのですが、風邪を引いてなかなか行けなかったのです。上の写真は、長命湿地の中央から南の方を見たものです。まだ少し残っていますが、後一回くらいで草刈は完了するでしょう。写真に見るように、湿地も冬らしくなりました。
 南の方の川沿いを歩いていたら、紅葉した葉をつけた木を見つけました。こんな季節に紅葉した葉を付けているなんてボクの知らない樹木かと思っていたら、今年の春に樹木につけたラベルがみつかり、ニシキギと分かりました。早速ブログを調べたら、でていました。下が、6月に写したニシキギに花です。今年の6月7日のブログにもっと詳しく載っています。

6月のニシキギ

  下が、この真冬に紅葉したニシキギです。真っ赤に紅葉するとかではなく、うっすらと紅葉し、それがきれいなのです。

ニシキギの紅葉

  よく見たら、紅色の丸い花のようなものがついていました。花にしては、こんな季節に花が咲くのはとても珍しいですし、実かもしれないと思い、図鑑を調べてみました。やはり、実でした。こんな紅い実をつけるなんて知りませんでした。とてもきれいですね。新しい事実を発見して、久しぶりに興奮しました。

ニシキギの実?1


ニシキギの実2

  レンゲツツジには、冬芽がたくさんついていました。下の写真は、冬芽と花のつぼみとが混在しています。

レンゲツツジの冬芽1

  下の写真では、冬芽が二本、枝先についていました。冬芽も図鑑には載っているのですが、調べてみたことはありません。これもきれいなものです。

レンゲツツジの冬芽2

  真冬なのに、幹に緑があるので、近寄ってみたら、ノキシノブでした。シダ類の一種で、着生植物です。着生植物というのは、土壌に根を下ろさず、他の木の上、あるいは岩盤などに根を張って生活する植物のことを言います。この写真では、ハンノキに根を下ろしています。この湿地の他のハンノキにも着生しています。大きくなると幹にびっしりとつくのです。この写真の上のほうに一塊になっている植物も、着生植物のようですが、名前は分かりません。

ノキシノブの冬

  我が家に帰ってきたら、家中に大きな黒っぽい色をしたガのようなものが舞っていました。気にしないでいたのですが、食事時に飛び回りますので追い出そうとしましたが、始めてみるので、追い出す前に写真を撮っておこう、と思って写したのです。下の写真に見るように、地味ではありますが、きれいな黒っぽい模様があり、目の赤が印象的です。名前も分かりません。ガの仲間ではないかと思います。

シャンデリアに止まったガ




久しぶりに美しい夕焼けを見ました! 自然は秋から冬へと変わっています!

  数日前、きれいな夕焼けを見ました。家の中にいたら、外の空がが赤く輝いていたのです。こんなに美しい夕焼けを見たのは何年ぶりでしょうか。その映像をお見せします。

夕焼け1

  上はまだ明るいうちに写したものですが、しばらく時間がたつと下の写真のようになりました。集落の背後の森と、夕焼けのコントラストがきれいですね。、

夕焼け2

 12月に入ってしまいました。それまで美しく輝いていた紅葉も、今はもうほとんど葉を落とし、冬のたたずまいを見せています。わが家の対岸の山も、雑木はレース編みのような景色に変わったしまいました。川沿いのイロハモミジの紅葉もすべて葉を落としてしまいました。

秋から冬へ

  庭の紅葉も終わって、庭は落ち葉だらけです。カサカサと落ち葉を踏みながら歩くのもいいものですね。ただ一つ、水路沿いに植えたブルーベリーだけが、真っ赤の紅葉を見せています。それが、色鮮やかな真っ赤なのです。

ブルーベリーの紅葉

  裏のほうに回ると、ヤブツバキの根元にマンリョウが赤い実を付けていました。ヤブツバキはなかなか花を付けてくれません。3年ほど前に始めて見つけたのですが、だいぶ大きく成長してきました。花を付けないのはまだ養分が足りないということでしょうか。てかてかと照り輝く葉はきれいです。まさに照葉樹ですね。

ヤブツバキとマンリョウ

  冬になると目立つのが、ナンテンの赤い実です。紅葉がなくなると、赤いものはほとんどないので、目立つのです。青空に赤い実が映えてきれいです。

ナンテンの赤い実

  11月末の頃から、サザンカが一斉に咲き始めました。家を建てるときに地境の植え込みにたくさん植えたのですが、11年もたつと大きくなってきました。花もたくさん付けるようになりました。冬中、切れ目なく次々と花が咲き、われわれの目を楽しませてくれます。下の写真の花の色はピンクですが、赤いのもあって色とりどりです。

たくさん咲いたサザンカ

  数回前のブログでナメコが大量についたことを報告しましたが、その後もナメコがついています。下の写真のようです。大雨が降るとすぐに成長してきて、僕らにその味覚を楽しませてくれるのです。鍋物の中にふんだんにナメコを入れることができるなんて、贅沢ですね。

再び生ったナメコ

  フィールドアスレチックの山にシイタケのホダ木に菌を植えてシイタケを育てていることは、何度もお話しています。一度、円盤のようなグロテスクに育ったシイタケが生ってからは、その後ほとんどシイタケがでません。家のすぐ近くにあれば毎日のように見張り、手入れもできるのですが、ちょっと遠いので放りっぱなしなのです。そこで、ナメコの収穫に気をよくして、フィールドアスレチックの雑木林にあるシイタケのホダ木をわが家の裏庭に持ってくることにしました。50本もありますので、豊田市のYさんにお願いして軽トラを出してもらって、我が家に運んでもらったのです。カンレイシャをかけて日当たりを少なくし、水をかけてやればシイタケがたくさんでるようになると聞いていますので、そのような管理がしやすいわが家に運んできた、というわけです。菌を植えてから7~8年くらいはシイタケが出ると聞いていますので、4年ほど経過したこのホダ木もまだまだ収穫ができると思います。

シイタケとナメコのホダ木






coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。