スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネジキ、タカノツメの紅葉・黄葉が美しい!

    岡崎の道根往還を歩いた続きです。下の写真は、クサギです。赤い花序が、まるで赤い花が咲いたようです。黒い実もついています。
クサギの赤い実が
  下は、ヒサカキの枝下にびっしりと黒い実が付いている様子を写した写真です。どこにも見られるありふれた常緑低木ですね。夏に白い花がいっぱい枝下のつきます。
ヒサカキの黒い実が
  下は、ネジキの紅葉を写した写真です。ネジキがこんなに美しい紅葉になるなんて、知りませんでした。幹の木肌の縦じわがねじれているのでその名が付いたと言われています。冬芽も赤くてきれいなのですね。
ネジキの紅葉が
  大きな枯れ木にオレンジ色のサルノコシカケがびっしりと付いていました。この種に限らず、キノコ類はどうして枯れ木に着くのでしょうか。シイタケ栽培でも、伐採したコナラなどのホダギに菌を植えて作りますね。その理屈を知りたいですので、ご存知の方は教えてください。
枯れ木にサルノコシカケ
  タカノツメの黄葉がきれいでした。三枚セット(3出複葉)の葉が特徴で、下の写真のように黄色く黄葉するのですね。それが美しいのです。一粒だけ赤い実が残っていました。
タカノツメの黄葉が美しい

  次は、作手の開成地区での観察です。今の季節、ナンテンに赤い実がいっぱい付いていてとてもきれいです。写真に見るように、葉も紅葉しています。我が家にも、他の民家にもほとんどの家に植えられています。正月の飾りに使うからでしょう。縁起物なのですね。
赤いナンテンの実が
  今の季節、道端に下の写真のアメリカセンダングサがいっぱい咲いています。黄色い頭花が終わると、針のような種がクッツキ虫となって動物について運ばれるのですね。
アメリカセンダングサガ引っ付き
  我が家の対岸のイロハモミジの紅葉もほぼ終わりました。葉を落とした後は、赤い枝先が、遠目にはピンク色に輝きます。それもきれいです。
赤っぽいイロハモミジの枝先
  まだ残っていた個体もありました。紅葉が美しいです。
残っているイロハモミジの紅葉
  前に、今年はムラサキシキブの実がほとんど見ないことをお話しましたが、この沿道で下の写真のムラサキシキブの実を見ました。でも、実の数は少ないです。淡い紫色の実が美しいですね。
わずかにムラサキシキブの実が

スポンサーサイト

シャリンバイに実がなっていた!アラカシにドングリがいっぱい!

  岡崎の健康の森のうち、久しぶりに太陽の丘に登りました。頂上に、下の写真の常緑の樹木がいっぱい実を付けていました。ネームプレートがあり、シャリンバイという種でした。ボクは、街路樹で見たことがあるくらいです。花が咲いているところは見たことがありましたが、こんな実が生るなんて知りませんでした。
シャリンバイに実が  
  下は、その葉を写した写真です。卵形の葉が輪生するようについていますが、枝先に葉が集まる互生なのです。
シャリンバイの輪生する葉
  下は、ユズリハです。これも常緑の樹木で、東北のブナ林の下ばえとしてたくさん生えていました。山形の月山を歩いた時に始めて見た種です。岡崎ではここでしか見たことがありません。珍しい種なのですね。ちょうど、葉の下にたくさんの実を付けていました。
ユズリハに実がついて  
  下は、ハナツクバネウツギの花です。きれいでした。これは、公園など各地に植えられている植木ですね。花はほぼ終わり、ガクが赤っぽくてきれいなのですね。
ハナツクバネウツギがきれいで
  下は、アラカシにいっぱいドングリが付いているところを写した写真です。アラカシは、常緑で300m以下の低地林の代表的な樹木で、ツブラジイと並んで暖帯林を代表する種ですね。大きな高木になります。他のカシ類と違って、アラカシの葉は先端付近だけに鋸歯があるという特徴があって、容易に見分けられます。そのドングリは、コナラのドングリとよく似ています。常緑と落葉の違いはあれ、コナラ亜属という同じ仲間なのですね。
アラカシにたくさんのドングリが
  下は、植えられていたアジサイの成れの果てです。花も終わり、実が付いていますが、その周りの装飾花がピンク色に色づいてきれいでした。
アジサイの花の終わりが

  今は、紅葉の真っ盛りです。作手の我が家から見える菅沼川沿いのイロハモミジが真っ赤に色づきました。寒くなって、一気に紅葉が見ごろを迎えましたね。野山を歩くのが楽しくなりました。
家の前の川沿いのイロハモミジ



農地にヤマナシが!クロガネモチの赤い実がきれい!こんな季節にホトケノザが花!

    岡崎の家で近所を散歩した時の写真を報告します。
 オシロイバナのピンクの花と黒い実と白いガク、それにつぼみが同時に見られるのは珍しいと思い写しました。

オシロイバナのガク、花、ガク
  家の周りは住宅地なので、その植え込みの植物が美しいのです。下は、クロガネモチの巨木です。常緑の植物で、街路樹などに使われていることもあります。今の季節、赤い実がいっぱい付いて美しいのです。このお宅では、良く枝が選定され、枝ぶりが見事です。毎年、植木屋さんが入っているのでしょうね。
クロガネモチの実がいっぱい
  下は、驚いたことにホトケノザの花が咲いていました。春先かなり早く咲くことは知っていましたが、冬の前のこんな季節の花を付けるなんて驚きです。今年は、異常気象ですので、こんなこともあるのでしょう。
ホトケノザがきれいです
  ある農場の近くを通りかかったら、ヤマナシがたくさん実を付けていました。近くの市の安城ではナシの栽培が広く行われているので、ナシについてはよく知っているのですが、ヤマナシを栽培しているところは今までに見たことがありませんでした。マーケットでも売られているのを見たことがありません。ちょっと驚いています。
ヤマナシがいっぱいだ
  カラスウリの赤い実がたくさん垂れ下がっているところ、畑がありました。栽培しているわけではないのに、たくさんの実が生っていたのです。これも驚きです。
カラスウリの実がいっぱい
  キウイフルーツがいっぱい生っている畑がありました。美味しいフルーツですね。でも高価なので、時たましか食べたことがありません。
キウイフルーツが見事
  下は、大きくなったアキノノゲシが横に倒れている光景です。頭花はわずかに生って、実が大きくなっています。その形はヒョウタンのようで面白いですね。
横になったアキノノゲシ
  下は、タカサゴユリの花と、赤い花は種類は分かりませんが、色の対照がきれいですね。
タカサゴユリと赤い花
  河原に、セグロセキレイが水浴びに来ていました。山に住む小鳥も、水場が絶対に必要で、小さな川でも小鳥にとっては大事です。飲み水と水浴びのためです。だから、川には小鳥が絶えずやってくるのですね。可愛いです。
セグロセキレイ二羽
  土手に、ヤブガラシが群生していました。俗名、ビンボウカズラ。ものすごい繁殖力で他の植物を駆逐してしまいますので、手入れの届かない貧乏人の家に生える雑草という意味で名づけられたそうです。下の写真のように、今は花が咲いています。葉の形も独特で、覚えやすいですね。
ヤブガラシの花が



立札に鳥やトンボの絵がきれい!センブリが咲き始めました!

   Ⅰ週間ほど前、岡崎健康の森の自然観察の里に久しぶりに行ってみました。津風による右足親指の痛みはほとんどなくなって、山歩きの訓練に、と思って出かけました。急な斜面を昇のは足指に負担がかかり、痛くて登れなかったのです。でもそれほどの苦痛もなく登ることができました。整形外科のお医者さんからも、特別に痛くならなければ薬は飲まなくてもよいといわれ、気をよくしていたわけです。ほぼ完治したと思っています。
 でも、これまで右足指をかばったためでしょうか、歩くと左足の付け根がとても疲れるのです。かばうことに慣れてしまい、右足指が痛くなくなっても左足に疲れがたまるのです。でも、慣れてくるうちに治るでしょう。これからも、山歩きをしたいものです。
 自然観察の里に下りて行って里の入り口に、下の写真のような立札がかけられていました。地名の案内の脇に、見事な鳥や昆虫のカラーの絵が描かれているのです。下は、カワセミとオニヤンマとハグロトンボですが、実に写実的です。ここには、絵の上手な人がいるのでしょうね。

立札鳥トンボ
  下は、ショウジョウトンボアキアカネが描かれています。これも見事です。
立札トンボ
  下は、ルリビタキが描かれています。昔、別の場所でこの美しい小鳥に出会って感激したことを思い出しました。
立札ルリビタキ
  下は、ポントクタデだと思います。赤い実がいっぱい付いて、とてもきれいでした。タデの仲間にはイヌタデ(アカマンマ)、ハナタデなどを思い浮かべますが、これはあまり見かけません。他のタデの仲間と同様に、群生しています。久しぶりに出会って嬉しかったです。
ポントクタデがきれい
  湿地の方に入ると、サワギキョウがいっぱい花を付けていました。姿の美しい花ですね。
サワギキョウがきれい
  下は、アザミにキタテハが止まっているところを写した写真です。花にチョウというのは良いものですね。色がきれいなとりあわせです。
アザミにキタテハが
  作手だは、少し山がちな場所、巴山の駐車場から静が森に向かう道を歩きました。そろそれセンブリやコウヤボウキが咲くころかな、と思ったからです。センブリの花は咲き始めていました。下の写真がその一部です。清楚で美しい花ですね。乾燥させてなめるとものすごく苦いのです。胃薬としても使われます。ボクは、乾燥させて葉・茎・花を焼酎に付けて毎日飲んでいます。飲むといっても、数滴焼酎に垂らす程度ですが、それでも苦いです。
センブリが咲き始めた

センブリの花が美しい
  アキノキリンソウの黄色い花が咲いていました。これもきれいですね。
アキノキリンソウが美しい
  下の写真の赤い花は何だか分かりませんが、キチョウがともっていました。赤と淡い黄色のコントラストが見事です。
赤い花にキチョウが


キンモクセイの花が咲き、庭中に甘い香りが!本宮山のカナクギノキの赤い実はまだだった!

    我が家の庭に、キンモクセイの花が咲き始めました。庭中に甘い香りが広がっています。これからオレンジ色の花が木全体に広がっていくでしょう。そうするともっと香りが強くなるのですね。
庭のキンモクセイ
  花をアップしてみると、下の写真のようにきれいなのです。
キンモクセイの花は
  火曜日に本宮山に行ってみました。去年の今頃のブログを見ていたら、カナクギノキの赤い実がいっぱい付いていることを知ったので、そこに行ってみたいと思ったからです。本宮山の山頂付近の道路わきで、たくさんのカナクギノキが自然に生えていて、とてもきれいだったのです。しかし、実が赤くなっているのは、下の写真のようにごく僅かでした。
カナクギノキ実はまだ青い
    下の写真は、山頂から下に降りてカナクギノキの赤い実が付いている木を写しました。一枝だけに赤い実が付いていたのです。こんなこともあるのですね。
カナクギノキに赤い実
  山頂に行くと、おなじみの下のような山頂の景色がありました。山頂は、どうして石を積み上げるのでしょうか。
本宮山の山頂
  山頂には、下の写真のように電波塔がいっぱいでした。
山頂の鉄塔群
  山頂から少し下ったところに、下の写真のような植物が生えていました。細い葉に細長い茎が伸び、その先端に水色の花が付いているのです。実に美しい花なのですが、名前はどうしても分かりません。こんなに美しい花が、名前もわからないなんて、悔しいです。どなたか教えてください。
この草は?ブルーの花は

ブルーの花がきれい
  下は、クロモジの花芽です。花芽なんて、この季節にもう花芽を付けていることに驚きました。同時に新芽も付いています。クロモジは低木が多いのですが、ここのクロモジは10mを超える巨木となっているのです。これも驚きです。
クロモジの花芽が








感激!カワセミを撮った!コバギボウシの花が美しい!

   岡崎の総合公園の恩賜苑を歩いていた時、一画にコバギボウシが群生する湿地がありました。花はほぼ終わりかけていましたが、一株の花がきれいでした。下の写真です。美しいですね。
コバギボウシの花が美しい
  そして、恩賜苑に掛かる浮橋を渡ろうとしたら、カワセミが橋の欄干に止まりました。夢中でシャッターを切りましたが、鮮明に写っていました。素早い動きでめったに写真撮影をすることができない鳥ですので、ラッキーでした。体の青がきれいで、ブルーバードの名にふさわしいです。くちばしが大きく、いかにも川や池の小魚を狙って食べる水鳥なのですね。
カワセミが恩賜苑に
  美術博物館の前の沿道に、イヌザンショウの花が咲いていました。
イヌザンショウに花がいっぱい
  下は、イヌザンショウの花をアップしたものです。これもきれいdす。
イヌザンショウの花と実
  わが庭のキクイモがたくさんの花を付けました。黄色い花がきれいです。晩秋に根にできるイモを掘って食べるのですが、コリコリと食感を楽しむ食材ですね。味噌漬けなどにして食べると美味しいのです。
キクイモの花がきれい
  そこにやってきて止まったのが、ツマグロヒョウモンです。羽の縁に黒い縁取りがあって、実に美しいチョウですね。羽の先端が黒と白の縁取りがあるので、メスです。キクイモの花にツマグロヒョウモンなんて、絵になりますね。
キクイモ・ツマグロヒョウモン
  わが家の前の県道わきに、一面に雑草が生えているのですが、その中にタカサゴソウの花がいっぱい咲いていました。なかなか思い出せなかったのですが、ネットで調べて分かりました。
タカサゴソウがきれい
  タカサゴソウの頭花をアップしたのが下の写真です。花が終わると、下の方が膨らんだ面白い形の実ができるのですね。
タカサゴソウの花をアップ
  下の写真のように、ムラサキツユクサがいっぱい咲いていました。これも雑草ですが、花が美しいのですね。
ムラサキツユクサが群生
  下は、ハキダメギクです。掃きだめなどという汚らしい名前を付けられましたが、花はきれいですよね。命名は牧野富太郎という大先生で、掃きだめにいっぱい生えていたことからその名を付けたと聞いています。こんな名前を付けなくても、と思います。
ハキダメギクの花がきれい
  下は、アレチヌスビトハギです。花がきれいでしたので写しました。これもどこにでも生えている雑草ですね。群生すると花がきれいです。秋に生る実は三角形で、衣服にくっついて取れない引っ付き虫です。
アレチヌスビトハギに花がきれい





ガマズミの実がきれい!オシロイバナが開花!マルバルコウが美しい!

    今、ハギの花が各地に咲いています。下は、マルバハギです。ヤマハギと違って、葉が丸く、先端部分が少し凹むのが特徴です。
マルバハギがきれい
  下は、ガマズミだと思います。赤い実がきれいですね。
ガマズミの赤い実が
  フジバカマの花が咲いていました。サアギマダラという美しいチョウの食草なのですが、アサギマダラは見つかりませんでした。
フジバカマの花は
  コシアブラの花がきれいです。下の写真のように黄色っぽい華やかな花ですね。光り輝いていました。これの新芽は、湯がいてお浸しにしたり、てんぷらにして食べると美味しいので、山菜の王様として珍重されます。
コシアブラの花がいっぱい
  下は、岡崎の家の道端に生えているオシロイバナです。睡眠作用があって、昼間は花が開きますが、夕方には花は閉じられてしまいます。昼間だったので、写真のように開いています。ピンクの色が美しいですね。オシロイバナの花が開いた
  岡崎の家の周囲を散歩した時の写真を紹介します。
下は、お隣の果樹園の植えられているタラノキの花です。春先、この新芽を採ってテンプラにするとおいしいので、栽培する農家もあります。山菜の代表的な植物です。こんな大きな花序をもつのですね。
タラノキの花がいっぱい
  下は、白い壁に上から垂れてきたノブドウに実が付いているところを写しました。秋に生ると、それまで緑色だった実が、下の写真のように色づいてくるのです。それが美しいですね。
ノブドウの実が色づいて
  すぐ隣には、アオツブラフジの青黒い実がたくさん生っていました。ハート形の葉をもつツル植物です。実の色が美しいですね。初めてみた時に感動したことを覚えています。
アオツブラフジの実がきれい
  ムラサキシキブの実が美しい赤紫に色づきました。まさに植物の実の美しさを示しています。何という美しさでしょうか。
ムラサキシキブの実が美しい
  下は、民家の植え込みに咲いていたマルバルコウの花です。なかなか思い出せなかったのですが、ようやく思い出して検索したところ間違いがありませんでした。ラッパ状の赤い花がきれいですね。
マルバルコウの赤い花が
  花をアップしたのが下の写真です。色も姿も美しいですね。
マルバルコウの花をアップ




マタタビに実が!ヤブミョウガの実が美しい!

      岡崎の東公園を歩いていた時のことです。この地方では、マタタビはいたるところと言ってよいほど各地に生えており、半夏生した葉がよく見られます。それにいっぱい実がついていました。下の写真のように、枝下に直径2㎝ほどの実がたくさん付いていました。実を見ることはあまりありませんので、写真を撮りました。丸い実ではなく、でこぼこした形の実が面白いです。

マタタビの実がいっぱい 

  下の写真の植物は、花のようでもありますが、花ではないようです。よく分かりませんでした。

ハナツクバネウツギの実がいっぱい 

  しかし、隣を見ると下の写真のように花を付けていました。ハナツクベネウツギでした。花のように見えたのは、花の下にあるガクの部分が重なっていたのでした。そのガクが淡いピンク色をしていて花のように見えたのですね。

ハナツクバネウツギの花を 

 下は、ウスバキトンボです。今至る所に飛び回っていますが、止まることが少ないので、なかなかシャッターチャンスがなかったのですが、ようやく枝下に止まっているところを写すことができました。明らかにアカトンボではなく、黄色いトンボですね。

ウスバキトンボをアップ 
  
  そこで、ヤブミョウガの実を見ました。アップして写したのが下です。きれいですね。白い実は真珠のようですし、黒い実も光沢があってきれいです。秋は、この植物の実の美しさに触れることができてうれしいのです。

ヤブミョウガの実がきれい 

  今の季節は、ハギの花がきれいです。ハギには、ヤマハギ、マルバハギなど様々な種類がありますが、これはヤマハギという最も普遍的な種ですね。淡いピンク色の花がきれいです。

ヤマハギが咲きだした 

  下は、ゴンズイです。赤い実が付き始めました。果序もピンク色なので、良く目立ちます。秋が深まりますと、実が真っ赤に熟し、美しく輝くのです。その季節を待ちましょう。

ゴンズイに実がいっぱい 

  下は、ソヨゴだと思います。たくさん実を付けていますが、秋が深まると真っ赤に熟すのですね。

ソヨゴに実がいっぱい 

  東公園の中心部にピンク色のサルスベリの花が見事に咲いていました。今の季節、各地にこの樹木の花を観ますね。赤、白、ピンクと色とりどりで美しいです。

ピンクのサルスべりの花 

コマツナギの花が美しい!ジャコウアゲハも美しい!

  再び痛風の発作が起こってしまいました。先週の火曜日のことです。その日は発作の痛みを抑える薬(頓服)を持っていくのを忘れて岡崎に来てしまったのです。右足親指の付け根に激痛が走り、悲鳴を上がました。翌日まで岡崎に滞在する予定でしたが、急きょ薬を飲むために作手に帰りました。薬を飲んで数時間してようやく痛みが治まりました。この発作には悩まされます。発作が起こる原因が分からないのです。困った症状ですね。

  さて、炭焼き体験の森の続きです。山に入ると、道端にコマツナギが生えていて、きれいに花が咲いていました。ピンク色の立ち上がる花がきれいです。葉は、奇数羽状複葉で小葉は7枚、小葉ほぼ楕円形で先端が植えこんでいるのが特徴です。落葉低木で高さは5mくらいにしかなりません。名前は、材質が強靭で弾力性があるので、馬をつないでも折れることがないということで、駒を繋ぐのに用いる樹木という意味だそうです。
コマツナギの花がきれい 
  ここでは孤立した一本の木ですが、しばしば群生して山の法面全体がコマツナギでおおわれるところがあります。岡崎と作手を行き来する街道筋にも、そういうところがあります。繁殖力が強いのでしょうか。イタチハギのようです。
コマツナギ花がいっぱい 
  下は、アカメガシワの雄花です。今、下の雌花と同時に雄花がいたるところに花を付けています。雌雄異株なので、オスの木とメスの木と別々なのですね。
アカメガシワの雌花だろう 
  下は、アカメガシワの雌花ではないかと思うのですが、上とあまり変わりはありませんね。雌花は、花の穂が太くなるのが特徴ですが、上と比べてそれほど太いとは思えませんね。間違いかもしれません。
アカメガシワの雄花だ 
  今度は、チョウです。下は、ジャコウアゲハです。全体は真っ黒ですが、前羽は透けて見えるようになっています。後羽には赤い斑点があり、きれいなのですね。
ジャコウアゲハだろう 
  下は、ヤマハゼではないかと思います。ヤマウルシ、ハゼノキ、ニワウルシなどウルシ属の樹木はみな奇数羽状複葉の葉と、葉の付け根から房状の花と実をつける特徴があります。羽状複葉の小葉の形の違いで区別できます。
ヤマハゼではないか 



久しぶりに炭焼き体験の森を!分からない植物が多いですね!

   26日は、久しぶりに岡崎の自然体験の森を歩きました。最初に出会ったのは、下の写真の植物ですが、種名が分かりません。白い小さな花が枝の下にびっしりと付くのです。常緑の低木のようで、葉がてかてかと輝いています。ボクは前から分からなくて困っていたのです。どなたか教えてください。と書きましたが、一読者からシャシャンボと教えていただきました。ネットで確認したところ特徴が合致します。常緑低木で、秋には黒い実に熟し、それは美味しいのだそうです。ご教示を感謝します。
この木の花は何だろう 
  昔の田んぼをビオトープにして、多種類の湿生植物などが生えていつ場所があります。下も去年から種名が分からない水草です。細い針のような葉が特徴なのですが、図鑑でうまく探せません。これもご教示をお願いします。
この水草はなんだろう 
  下の写真の黄色い花も、分かりません。上のもそうですが、もう少し粘り強く調べたら分かりそうなものです。特徴的な水草ですので。
この黄色い花は何だろう 
  ヤブカンゾウが群生していました。オレンジ色の花がいっぱい咲いていてきれいでした。
ヤブカンゾウの群生


 ヤブカンゾウの花がきれい
   小さな水路がビオトープの横を流れているのですが、流れの何か所かに下の写真のような塊となっている泡があるのです。もしかすると、モリアオガエルの卵塊かもしれません。水路の上には大きな樹木の枝が覆っていましたのでそう考えたのです。しかし、モリアオガエルは、ボクが知っている限り、池、つまり止水域に覆いかぶさる樹上に卵を産むのではないかと思うのですが、このように流水域に産卵したらすぐに流されてしまうのではないかと思うのです。どちらなのでしょうか。
卵塊?
  園地の真ん中に大きな池があるのですが、そこに大きな丸い葉が浮いていました。スイレンの葉ですね。去年はきれいなスイレンの花が咲いていたことを思い出します。
スイレンの葉が 
  もう一つの池には、ヒシの葉が一面に浮いていました。
ヒシの葉が一面に 
  池の傍に赤っぽい実をいっぱい付けた樹木がありました。よく見たら、ゴンズイに実が付き始めたところでした。
ゴンズイの花か?  
  下は、実の部分をアップした写真です。実がなっているのがよく分かりますね。この実が秋に生ると真っ赤になり、その中から黒い種が見えてとてもきれいなのです。ゴンズイの実が
 


coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。