太陽光発電の3年間の記録から

  2012年の1月から、つまり3年前から、わが家の屋根の乗せている太陽光発電の記録を取り始めました。原発は恐ろしいくていやですし、エネルギーを化石燃料に頼っていては、温室効果ガスによって地球温暖化を招きます。深刻な事態に直面していますので、わが家だけでも化石燃料を削減する方法はないかと考えて、作手の家を建てるとき(14年前)に太陽光発電の設備を設置することにしたのです。反原発のために、節電をしているつもりです。

 でも、ソーラー・システムを設置した効果を目に見える形で示されたことがないので、毎月の記録を取ろうと考えたのです。毎月中部電力から届けられる、「電気使用量のお知らせ」と「再生可能エネルギー受給電力量のお知らせ」から、使用料と受給電力量を記録しておいたのです。ようやく、3年間のデータが揃いましたので、その結果をご覧に入れたいと思います。下がその毎月のグラフです。

  わが家の屋根に設置しているソーラー・パネルは、90cm四方のパネルが20枚あります。京セラの製品です。わが家の西側が人工林の山なので、西日が屋根に当たらないので、ソーラーシステムとしては完全ではないのですが、順調に発電しています。3年ほど前に10年経過したので、パネルを新品に交換してもらって、発電効率が良くなったのです。その時から記録をつけ始めました。

発電量グラフ066

  3年間のこの記録を見ると、わが家の電気の使用量がいかに少ないかが分かります。省エネを徹底していますので、使用量が少ないのですね。パソコンなどあらゆる電気製品を、使わないときは電源を切るようにしているのです。それだけでかなりの省エネになるそうです。少ない時は、月に80kwhを切ることもあります。夏は少なく、冬に多くなります。それは、日照時間が短いので照明に使う電気が多くなるのですね。夏が少ないのは、逆に照明に使う時間が少ないためです。さらに、薪ストーブにしていますので、温風暖房機を使わないので、それにかかる電気が必要ないからです。夏のシーズンは風呂に入る機会が多くなりますが、わが家はプロパンガスを使用していますので、電力はほとんど使いません。

  発電量を見ると、当然のことながら、日照時間が長くなり太陽高度が高くなる夏に多くなり、冬に少なくなります。最高は4月なのです。逆に5、6月は低くなっています。なぜなのでしょうか。6月に低くなるのは、梅雨時が始まるからですが、5月に低くなる理由が分かりません。雨が多い季節ではないと思うのです。真夏の暑い季節の8、9月発電量がピークになるのではないかと思っていたのですが、毎年4月がピークです。これも何故なのか分かりません。分からないことが多いですね。

  発電量から使用量を差し引いた電力が、わが家の儲けになるわけですね。売る方の金額は、ボクらが中部電力と契約した時点の売電価格48円/kwhで据え置き、現在の公定価格は37円/kwhと下がっています。買電の方は、電力会社によって基本料金とかkwhの単価とかが違いますが、中電の場合は、120kwhまでは1kwh当たり20.68円となっています。この値によって請求金額と支払い金額がはじき出されます。1年ごとにわが家の場合を計算したのが、下の表です。

         年間買電料金   年間売電料金   差し引き残額
                                 円        円         円
  2012年       44,393             92,496       48,103
  2013年       40,827            96,384             55,557
  2014年            39,455            91,920             52,465

  というわけで、わが家の場合、年間約5万円くらいの儲け(収入)になっているのです。設置した時には、150万円くらい(国の半額の補助金があったので本来は300万円もしたのです)でしたので、約30年ほどすれば元を取れる計算になります。近年、国の太陽光発電の奨励策の復活もあり、作手でも各地の放棄された農地にソーラーパネルが設置されるようになりました。

  原発に電力を依存するよりは、太陽光発電の方がはるかに良いので、ボクらは作手の家を建てるときにソーラーパネルを設置したのですが、問題がないわけではありません。維持管理が必要です。10年もすると発電効率が劣化してきますので、パネルの取替をしなければなりません。わが家の場合は、10年の保証期間があって、無料でパネルの交換をしてもらいましたが、10年後は自腹で交換しなければなりません。そうとうな高額となります。

  物を作るには、必ずエネルギーがいります。全体としてみると、ソーラーパネルを作るために相当のエネルギーを使います。発電そのものには温室効果ガスも出しませんし、騒音もありませんし、ランニングコストも掛かりませんが、良いことばかりではないのですね。でも、原発以外の自然エネルギーがもっと普及することを願っています。作手は山がちですが、小規模の水力発電なども可能です。人工林の間伐材が放置されています。それらを使って木質発電をすることも可能です。いろいろと工夫すれば、原発の電気なんか使う必要はなくなるのではないでしょうか。そういう時代がそこまで来ているのでしょう。


 


スポンサーサイト

マサカリで薪割りをしました! ジョウビタキが薪の虫を食べにきました!

  暮れになったものですから、年内に庭や作業小屋を片付けようと、二三日前から精を出しています。正月にはきれいになった庭で新年を迎えたいですから、ね。 庭の植木の伐採や枝打ちの他に、懸案はこの夏に山からおろしてきた、輪切りにしたコナラの薪割りです。そのまま裏庭の小屋の前の窓下に積んで置いてあったのですが、だいぶ時間が経つので虫が発生しているのではないかと思って、まずはそれを撤去して薪割りすることが最優先の課題です。
  薪割りといえばマサカリやオノですが、昔、斬ってきたコナラなどの雑木はマサカリで割ったことがあるのですが、大変な肉体労働で、30分もしないうちにダウンしました。体力が足りなかったのですね。その後は電動の薪割り機を使って薪を割っていました。数年前の話です。その後、長時間の散歩や山歩きで大分体力を回復したので、まさかりによる薪割りに挑戦したのでした。
  薪ストーブを新しくしたことはお話しましたが、15~20cmくらいの太さの丸太でも燃やせるとお話ししました。しかし、実際に燃やし始めると、炉内が狭いので燃やしやすい他の材木が入れにくくなることが分かってきました。太さ15~20cmのコナラの丸太は、今の薪ストーブで燃やすにはちょっと太すぎるのです。そこで、それを四分の一くらいの太さに割って巻にしようと、マサカリを持ち出してきたわけです。これも、エコ生活の重要な作業なのですね。


薪割りの風景


  マサカリでの薪割りは、たしかに重労働でした。鉄の塊のような歯が付いているので、重いのです。マサカリ自体が2kgくらいはあるでしょうか。しばらく使っていると腕と腰が筋肉痛になりました。

使ったマサカリ

   でも、重いまさかりを持ち上げて振り下ろすと、気持ちよく丸太が割るのです。初めのうちは、真っ直ぐに丸太の中央に振り下ろせないのです。しかも、力ばかり使ってすぐに疲れてしまうのです。そのうちにコツがわかってきて、順調に割ることができるようになりました。何事も慣れですね。
  下の写真のように、テーブルの上にはこれから割ろうとしている丸太が乗せてあります。手前の一輪車は割った薪を運ぶために使いました。そして、割った薪の山ができました。昔は30分くらい割ったら腕や腰がなまってそれ以上続けることができなかったのですが、今回は三日間、毎日2時間以上続けても、バテることがなかったのです。歩いたり山登りをしてきて体力がついた証拠なのだと思っています。


割った薪の山

  薪割りをしている間中、すぐ近くのシダレザクラの木にジョウビタキが止まって、ボクの作業を見守っていました。ジョウビタキは人懐っこいのでしょうか。毛づくろいをしたり、尻尾を小刻みに震わせたり、首をクルクルとまわしたり、忙しく動いているのです。真冬の風のない日だまりはとても暖かいのです。まるで、日向ぼっこをしているようです。

ジョウビタキが1

  どうしてジョウビタキがボクの近くに来るのかと観察していたら、その理由が分かりました。時々枝から離れては戻ってきます。離れた先に行ってみたら、コナラの丸太を積んでいてそれを運んできたところには、小さな白い虫の幼虫やゲジゲジなどの虫がたくさんいたので、虫を食べに来ていたのです。時々、ボクが休憩している時に、割った薪にもやってきます。虫が目当てで、ボクが好きだったからではなかったのです。でも、可愛いらしかったです。

ジョウビタキが2

  予定通り、すべての丸太を薪にしましたので、今年の庭の作業を終わりです。そして、このブログも、今年の最後の記事としましょう。気長にお付き合いいただいて、感謝します。

  どうぞ、良い正月をお迎えください。








薪ストーブを買い換えました! 遠赤外線の暖かさが良いですね!

  もう11月の末になりました。冬は間近ですね。この季節になりますと植物たちの変化は少なく、新しく咲いてくる種もありませんし、野山は枯葉ばかりです。まだ多少紅葉が残っていますが、次第に葉が少なくなり、枯葉も完全に枯れて、輝くような美しさがなくなっています。葉を落として丸坊主になった雑木が多くなっています。何か寂しい思いがしますね。
  最近は寒くて、毎日ストーブを焚いています。最近の朝、出かける時に車のセンサーで外気温を見ると、0℃。
となっており、もっと朝が早ければ確実に氷点下になっていると思います。その証拠に、毎朝起きてすぐ外を見ると、地表が真っ白になっています。つまり、霜が降りているのですね。でも、日中に太陽が出ていれば日が入って暖かいので、ストーブの必要はありません。

  さて、省エネのために焚いている薪ストーブなのですが、これまで使っていた薪ストーブを新しく買い換えました。というのは、前の薪ストーブは容量が小さくて、広い部屋がなかなか暖まらなかったのです。というのは、わが家の天井が高くて建物の容積が大きく、暖まるのに時間がかかり、全体が暖まるまで相当に時間がかかったのです。決して破損したとか性能が劣るとかいうわけではないのです。しかし、もう7年以上も使いましたので、10年の耐用年数が近づいていることもあります。そこで、新しい薪ストーブに買い換えたいと思っていたところでした。


新しい薪ストーブ1

  買うきっかけになったのは、近所のHさんがボクらの希望を知っていて、偶然、新城の街の軽トラ市に薪ストーブの展示があって、それを見てボクらの希望に沿った薪ストーブが制作されているという情報を流してくれました。それは全く新しい発想で作られた薪ストーブであることを知り、早速その製作所を訪ねました。会長さんの話を聞くうちに、これはすごいと思い、高額ですが買うことを決意しました。上の写真が設置して薪ストーブ「くつろぎ・寛」(加納製作所製、新城市)です。
  その薪ストーブは、原理からして違うのです。これまでの薪ストーブは、木材の焼却炉でしかなかったのです。この薪ストーブは、木材を燃やした時に出るガスを取り出して燃やすこと、そしてセラミックス塗料を用いて人の体を温める遠赤外線を発生するように工夫されていて、人体に柔らかな熱を供給するというシステムです。ですから、確かに木材を燃やすのですが、木材から出るガスを効率よく燃やします。具体的には、空気を取り入れて木材を完全に燃やしたあと、空気の流れを調節して木材のガスだけを燃やしますので、とても暖かくなるとともに、燃費が良くなるのです。これまでの薪ストーブよりも、薪の消費量が半分以上、三分の一位にまで少なくて済むと言います。
  具体的には、前面についている空気の取り入れ口のハンドルを動かして流入する空気の量を調節します。左右のハンドルは、炉内の上部でのガスの燃焼を調節するためにあります。右側面のハンドルが煙の排出を制御するダンパーです。十分に薪が燃えて炉内の温度が高くなったら、流入する空気の量を絞るとともに、ダンパーで排出する煙の量を絞っていくとトロトロと燃えるようになり、低燃費が実現するというわけです。


新しい薪ストーブ2

  写真のように、炉が大きいので、上の写真の手前に置いてある太い丸太でも燃やすことができます。ですから、薪を細かく割る必要がないのです。よほど大きな丸太(太さ20cm以上)以外は、そのまま放り込んで燃やすことができるので、割る手間が省けて助かるのです。前の写真では、太い丸太が燃えているところを写しました。また、長さは50cmまで使えます。これまで苦労していた薪作りが格段に楽になります。写真にある丸太は長さ30cmくらいに輪切りにしたコナラで、前のストーブのサイズに合わせて切りましたが、これからは倍くらいの長さで切れば良いことになります。もちろん、薪に火をつけるための焚付となる小枝や端材は必要です。それはこれまでと同じです。
  煙突は、前のストーブが直径12cmだったのですが、これは15cmです。今回の工夫は、煙突を斜めに外に出したことです。そうすることで排気がしやすく、煙突掃除も楽になるでしょう。これまでは直角に曲げて排気していましたので、煙突掃除ではススが部屋の中に舞い、大変だったのです。さらに、薪の燃焼が効率的ですので、ススが貯まらないということで、煙突掃除はシーズンの終わりに1回だけで十分とのことです。これまでは月に一回は掃除をしないといけませんでした。

  写真でご覧のとおり、ごっつい四角の形で、何の装飾性もありません。作成した業者の説明によると、これは機能だけを追求した製品で、外国製のような派手で豪華なインテリアではないと言います。それが気に入りました。
  使ってみて、確かに暖かいのです。これまでとは違った暖かさです。ストーブに近づいてもあまり熱さを感じないのです。側面ならば少々手で触ったくらいではやけどをしません。上に煮物などの鍋を置いておけは、じっくりと煮込むことができ、美味しくなってとても重宝しています。写真のように、ストーブの上にやかんやおでんの鍋を置いています。最高に美味しいおでんを食べました。





わが家の太陽光発電の記録をご紹介します。原発はいらない!

   大 飯原発の再稼働が決められてしまいました。3・11のあれほどの事故被害を出したことの正確な原因究明もなされないまま、再稼働というのはどう見てもおか しいですよね。この事故をきっかけに、原子力村という奇怪な構造が明らかにされました。電力会社を含めた経済界とそれと結びついた政治家たちの利権の構造 が明らかにされ、不信が国民のあいだに高まってながら、その改革が緒につかないまま、再可動は許されるのでしょうか。みんな、もっと怒らなければいけませ んね。

 自然エネルギーの全量買取制度がこの7月から発足しました。3・11の原発事故以来
、 急速にこれまでの原発依存のエネルギー政策を変えざるを得ず、遅ればせながらこのような制度が発足したことは大きな前進だと思います。買取価格をどのよう に決めるかによって違いはありますが、太陽光や風力など自然エネルギーの発電が増えることに弾みがつき、原発依存を下げていく結果となることを期待してい ます。

  しかし、一概に自然エネルギーを推進して良いというものではないことを言っておかねばならないと思います。水力発電のためにダ ムを作れば、河川水質の悪化などの問題が発生します。風力発電も、低周波公害が発生して問題になっています。太陽光発電にしても、シリコンを大量に使って 電気を起こすのですが、それを作り出すのにたくさんのエネルギーを使います。海底のメタンハオドレイドの開発が注目されていますが、メタンは炭酸ガスより の数10倍もの温室効果ガスですので、下手をすると地球温暖化を加速する可能性を持っています。ということで、無批判に自然エネルギーの推進というわけに はいきませんね。

  ボクらは原発反対の意思表示のために、エアコンを設置しない、極力節電を心がけてきました。11年前に我が家を建てるときに太陽光発電のソーラーパネルを設置したのも、原発政策に反対するためでした。当時はようやく政府の補助金の政策 で太陽光発電が進み始めた頃でした。当時、設置費用が約300万円ほどでしたが、政府がその半額を、市から10万円の補助が出ましたので、だいぶ割安で設 置することができました。1年ほど前、10年の耐用年数を過ぎて、業者が無料でパネルを取り替えてくれました。それまでは発電効率が大分低化していたのですが、取り 替えてからは順調に発電しています。


  もっと前からデータを取っておけばよかったのですが、わが家のこの1月からの発電記録しか取っていません。それを下の表に示します。とはいっても、中部電力から通知されてくるのは、電気の使用量と発電量の記録です。それを料金に換算した金額も示されています。

 わが家の太陽光発電の記録
<
期間使用量料金発電量支払金過不足
kwhkwh
1/20-2/201755,044 944,512 -532 
2/17-3/181383,932 1497,152 3,220 
3/19-4/171243,628 1899,072 5,444 
4/18-5/201233,598 2029,696 6,098 
5/21-6/18933.044 1396,672 6,669 


  上の表のように、中電の検針はその月に半ばから次の月の半ばまでの一月間で、電力使用量とその料金および発電量と中電からの支払い金が通知されます。記録のように、1~2月に使用料金が発電支払い料金を上回っただけで、後の月は中電からの支払い料金の方がはるかに多くなっています。1~2月に発電量が少ないのは、雪が積もったためにパネルに光が届かなかったからです。後は、月を追うごとに発電量が増えています。真夏にはもっと増えるでしょう。5ヶ月間で、約11,000円もうけたことになります。1年間にどのくらいになるか、計測結果を早く見たい想いに駆られます。1年を終えた頃に、また計測結果をお知らせしましょうね。

  
わが家の一例をお示ししました。こんな風に、最初はお金がかかりますが、約20年で元を取りますし、電力会社の電気を使わない分、エネルギーの節約になるわけです。これが普及したら、原発がいらなくなる時代が来ると思います。




薪にするため提供していただいたコナラを輪切りにしました! くたびれた!

  今日は大雨が吹き荒れていますが、昨日と一昨日は晴天で暖かい日でした。その日に薪作りに専念しました。そのいきさつを述べておきましょう。
  長命湿地の地主さんのHyさんは、広大な雑木林や農地を所有しており、雑木林を切り開いて様々の用途に用いています。ものすごい数のシイタケのホダギを作って菌を植え、森の中においてあります。雑木林に道を開いては、そこにいろいろの植物を植えたりして自然を楽しんでいるのです。道を切り開くといっても、ユンボとクレーン車などの重機を使って、いとも簡単に道を作っていくのです。もちろんぬかるまないようにバラスで舗装しています。下の二枚の写真は、雑木林を切り開いた道です。ちょうど山の尾根部分の雑木林で、とてもきれいな林です。初めて見させていただいて、丘の上なので景色がよく、感激しました。

開かれた雑木林1
開かれた雑木林2

  Hyさんは、下の写真のようなユンボとクレーン車を使って道を切り開いていくのです。ユンボは山を引っかいて整地するため、クレーン車は生えている大木を引き倒したり抜いたりするためです。それらの操作に熟練していて、わずかな時間で道が完成していくのです。それには感動です。重機が置いてある場所には、大量の石材を運び込んで、石の庭園を作っているところです。そこからはHyさんの農場が全部見渡せる、とてもよい景色なのです。

ユンボとクレーン車

  Hyさんは最近、上の写真のような道を切り開いたときに、大量の木材が出ます。「薪ストーブをやる人は伐ったコナラがいい薪になるから、それを取っておいたよ。必要なら持っていっていいですよ。」というわけで、集めておいたコナラの丸太が道端に大量に置いてありました。ぼくらにとっては、薪が大量に必要になりますし、とくのコナラは最良の薪材です。火持ちがよいからです。太さ20~30cmデ7、長さガ4~5mのコナラが無造作に積んでありました。
  チェンソーを持って行って伐り始めたのですが、なかなか伐れません。チェンソー用のヤスリで歯を研いだのですが、するに切れなくなってしまうのです。あまりに能率が悪いので、4000円くらいのお金は掛かるものの、チェンソーの歯を農協に行って取り替えてもらいました。写真の一番手前にある10個ほどの輪切りにしたコナラは、その切れないチェンソーの歯で伐ったものです。それだけ伐るのに、1時間も掛かっているのですから遅いですよね。


残してくれたコナラ

  歯を新しいのに変えたら、切れること、切れること! それまでとは能率的に10倍くらいの速さで切ることができたのです。60~80個くらいの数はありますが、それをわずか2時間で伐ってしまいました。すごい威力です!

輪切りにしたコナラ

  それを車で我が家に運び込んだのが、下の写真です。

運び込んだコナラ

  コナラを輪切りにする作業、車に積み込む作業、さらに車から降ろして積み込む作業と、重労働でした。幸いにも二日間とも、好天に恵まれ、暖かい日だったので良かったです。二日間、くたくたに疲れましたが、やり遂げたという達成感があります。でも、これからさらに薪を割る作業が加わります。まだまだ先が長いのです。エコ生活に欠かせない薪ストーブの暖房も、楽ではないのですね。





ソーラーパネルの修理、快調に発電!アオジを撮影!

  大分時間が経ってしまいましたが、先週の木曜日、わが家の屋根に置いてあったソーラーパネルが修理中でしたが、ようやく修理を終えたソーラーパネルがようやく帰ってきました。まるで新品のようなぴかぴかのパネルでした。シリコンを使ったセルそのものは新品になったというわけではありませんが。

修理したソーラーパネル

   屋根の上に持ち上げる電動の機械で屋根に上げます。そんな機械があるなんて知りませんでした。

屋根の上げられたパネル

  そして、持ちにあった位置にパネルを取り付けます。プロとはいえ、実に手際よく貼り付けていくのを感心してみていました。昼過ぎに一時大雨が降ってきて作業を中断しましたが、幸いにも長雨にはならず、夕方には作業を終えました。

設置されたパネル

   翌日、忘れ物をしたということで来た業者が、発電状況を調べてみたら、正常に戻ったということでした。快調に発電していることが分かって、ホッとしたところです。10年目の無料点検をしてもらって良かったと思います。大分エコライフに貢献しているのですよ。

     ところで、再び小鳥の話! 下は、スズメですが、紅梅と白梅が咲いている枝先に止まると、美しい絵になりますね。

ウメにスズメ

   ようやくアオジをうまく写せました。下の三つの写真は、庭に来たアオジを写したものです。前よりは良く写せたと思います。横から見たものですが、お腹の黄緑が良く出ていますね。

アオジ1

  下の写真は、首の周りの黄色が良く写っています。 

アオジ2

   下は、正面からの写真です。影になっているところで、色が良く出ていませんが、きれいな小鳥です。ようやくアオジを撮影できて、満足です!!

アオジ3

 

 

わが家のソーラーパネルの修理を!

  わが家のソーラー・システムも、設置してから10年近く経ちます。しばらく前に、保証期間の満期が近づいたので、設置した業者が点検に来ました。検査したところ、本来の発電量よりも3割近く減っているというのです。中部電力の発電量を記載した書類をきちんと取っておかないものですから、そんなに劣化しているとは思っても見ませんでした。本来なら最大で4kwhくらい発電するのですが・・・・。ソーラーパネルのメーカーは京セラ。設置した頃は国からの約半額の補助があり助かりましたが、その後補助が打ち切られていたので、良い時期に設置して良かったと思っていました。
  来年から国の補助が復活すること、また電力会社の買い上げ料が倍になること等の法律が、今国会にかけられているとか聞きました。ようやく自然エネルギーの拡大に、国が積極的になってきたことは良いことですね。いつまでも化石燃料に頼るのでは、地球温暖化を引き起こしてしまうのですから、早く転換していかないと取り返しの付かないことになりますからね。

ソーラーパネル取り替え

 

  一昨日は、屋根のソーラーパネルを取り外す作業が行われました。全部で20枚のパネルを屋根からはずして下ろし、車に積み込みました。メーカーの京セラに運んで修理するのだそうです。業者に聞いたところ、京セラは劣化した原因を明らかにしないので、うちの劣化の原因は分からないそうです。それもおかしな話ですね。
 ソーラーパネルを近くで見たことがなかったのですが、下の写真のようなものです。こんなもので発電ができるなんて、不思議ですね。修理は20日くらいかかるとのことです。ソーラーシステムを使用している方は、早いうちに点検を頼むと良いですよ。うちは遅すぎたのかもしれません。

ソーラーパネル

  わが家のソーラーシステムでは、発電した電気はわが家で使い、余った分を中電に買電します。発電量を上回って使用した電気は、中電から買う、というシステムです。季節や天候によって違いますが、平均すると、買電と売電がほぼ同じくらいです。法律の改正で、売電の価格が倍になれば、それだけ中電から買う料金が少なくなるので、経済的にとても助かります。早くそうなってほしいものですね。 

   わが家にもシジュウカラ 

  先回はHさん宅の小鳥たちの写真をお見せしましたが、わが家にもシジュウカラの群れがやってきました。でも、設置した巣箱にはまだ見向きもしません。営巣期はまだ早いのでしょう。去年のように、巣箱に営巣することを楽しみにしています。

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード